下味付き牛肉の旨味とトロトロ食感の大根がイイ『大根と牛肉の蒸し煮』&甘酢でサッパリ『大根の皮のゆず風味』

この日の晩御飯のおかずは、『大根と牛肉の蒸し煮』と、『大根の皮のゆず風味』でした。 新聞に載っていたメニューで、母がそれを真似っこして作ったそうな。
大根と牛肉の蒸し煮 大根の皮のゆず風味

『大根と牛肉の蒸し煮』と『大根の皮のゆず風味』:作り方

メインの大根は、葉と身に切り分け、身の方は皮を少し厚めにむいてから乱切りに、 葉の方は蒸し煮の彩りに使うので、捨てずにおいておきます。
蒸し煮に使う大根 切りやすい大きさに分ける

大根の皮をむく 皮をむいた大根は乱切りに

大根が切れたら、次は牛肉の下味付け。 下味用のタレは、醤油が大さじ2と、砂糖が大さじ1/3、酒が大さじ1、片栗粉が大さじ1/3、ごま油が大さじ1。
下味用のタレ

それを、テキトーな大きさに切った牛肉の切り落としに揉みこんでおきます。

で、その間に大根を蒸します。 さっき乱切りにした大根を中華鍋に入れ、一つまみの塩と、カップ半分の水、酒大さじ2をふりかけ、ガス火を点火。
乱切り大根に塩、酒、水をかける

中火にしてしばらくおき、煮立ってきたらフタをして火を弱め、蒸し煮にします。 (大根が柔らかくなるまでの時間:約15分。)
煮汁が沸いてきたら、フタをして蒸し煮に

蒸し煮のセッティングはこれでOK。 大根が蒸し上がるまで少し時間があるので、この間に『大根の皮のゆず風味』を作っちゃいます。

大根の皮は細切りに。
大根の皮を細く切る

柚子は1個を1/4にカットし、果汁&果皮を大根と合わせておきます。 柚子は1/4に切る 柚子の皮を刻む

味付けは、甘酢で。調味料の配合は、砂糖と酢が大さじ1ずつです。
大根と柚子を甘酢で味付ける

そうこうしているうちに、大根が煮えたようなので、お肉をスタンバイ。
トレイに入った下味付きの牛肉

このお肉は、大根の上に広げて置き、フタをして蒸し煮にします。
お肉は大根の上に乗せて蒸す

3〜4分経ったらフタを開け、かき混ぜながら中まで火を通し、最後に刻んだ大根の葉を散らせば出来上がり〜。
蒸し煮に大根の葉を散らす

では、いただきま〜す。

蒸し煮の方は、母が作るおかずとはちょっと違うテイストですね。 中華風のようでもあり、和風なようでもあり…。ゴマ油とお酒を入れてるからかなぁ。
大根と牛肉の蒸し煮

使ってる調味料は、いつもと同じような感じなのに、 組み合わせ方とか分量を微妙に変えるだけで、これだけ違う味になるんですね。調味料って不思議。

牛肉にしっかり味がしみこんでてGood!蒸し煮にした大根もトロトロになってて美味しかったっす。

大根の皮のゆず風味は、皮のコリコリした歯応えと、柚子のほろ苦い味わいがイイっすね。
大根の皮のゆず風味

蒸し煮との相性も良く、箸休めにピッタリ。甘酢のさっぱり味だから、いくらでも食べられそう^^

『大根と牛肉の蒸し煮』&『大根の皮のゆず風味』、ごちそうさまでした〜。

<<具や薬味の組み合わせでバリエーションは無限大。その日にあるもの、残り物、余り物などですぐ作れる『サラダうどん』

テキトー分量でも、そこそこの味に漬かるのが浅漬けのいいところ『ぴらぴら大根の浅漬け』>>