天ぷら、フライの時に残った中途半端な衣。スープに流し入れれば、かき玉風に。『トマトとブロッコリーのスープ』

今日の手作りメニューは、トマトとブロッコリーのスープ。
トマトとブロッコリーのスープ

トマトとブロッコリーのスープ:作り方

スープのベースは、毎度使っているコンソメの素。 水1.2リットルに対し、小さじ2杯強くらいの量を溶かしておきます。
鍋に水1.2リットルを入れる コンソメの素は小さじ2杯強

ブロッコリーは、房の頭のところが使いかけで半株分くらい残ってたので、 これを一口大くらいのサイズに切り分けて入れちゃいましょう。
残り物のブロッコリー 一口大に切る

切ったブロッコリーは鍋に入れ、先に茹でときます。
切ったブロッコリーを鍋でゆでる

トマトは、ミニトマトと普通のトマトの2種類。
ミニトマトと普通のトマト

ミニトマトは4粒分、ヘタを取り、1/4にカット。
ミニトマトを小さく切り分ける

普通のトマトは半玉分。こちらもヘタを切り落としてから、ザク切りにしておきます。
トマトのヘタをとる トマトのザク切り

あと、風味付けに生姜もスライスして入れちゃいます。量は、1かけらの半分くらい。
生姜のスライス

ここで使いかけのサツマイモを発見。ついでなので、これも皮付きのまま切って、スープの具にしちゃいます。
さつまいも これも一口大に切り、スープの具にします

そうこうしてるうちに、鍋の方がグラグラ沸いてきましたんで、切った具をまとめて全部投入。
沸いた鍋に、切った野菜を投入 鍋に入れた野菜達

かき混ぜてからフタをし、弱火でしばし煮込みます。
お玉で少しかき混ぜる フタをして煮込む

で、煮立ったら、塩コショウやスパイスで味を調整。
塩コショウ とび辛スパイス

味見をすると、ちと酸味が足りない感じだったので、お酢を少々追加。
お酢を追加して、味を微調整

んで、最後はコレ。な〜んだ?
溶き卵と小麦粉をあわせたもの

実はこれ、先日揚げ物をした時に残った衣。天ぷらとかフライとかすると、微妙に余る時ありますよね。

こういうのも、煮立ったスープの中へ入れちゃえば、立派な具に変身〜。
残り物は何でも活用

衣に入っている卵がスープの中に広がって、かき玉風になりました。
天ぷら衣でスープがかき玉風に変身

では、いただきま〜す。

口に入れた瞬間、トマトの爽やかな酸味がふわ〜っと広がって、美味しいっすね。 ブロッコリーの房が、口のなかでほろほろと崩れる感触もイイ。これはスープや煮込み料理ならではの食感っすね。
トマトとブロッコリーのスープ

水1.2リットルに対して、コンソメ小さじ2杯強ってのは、一般的なスープよりも薄味なのだろうけど、 トマトの旨味のおかげか、そんな薄い感じはしません。

たまに感じる生姜のピリッとした辛みとか、サツマイモのホクホクした食感&甘みが、 味付けのアクセントになってていいですね。

天ぷら衣のかき玉は、小麦粉が入ってるからちょっとモチモチしてますね。 普通のふわっとしたかき玉とは違うけど、これはこれで食感も面白く、美味しい。

トマトとブロッコリーのスープ、ごちそうさまでした〜。

<<セロリが思ったほどハジけてくれなかったけど、生姜に救われた『セロリの煮浸し:ジンジャーコンソメ風味』

具や薬味の組み合わせでバリエーションは無限大。その日にあるもの、残り物、余り物などですぐ作れる『サラダうどん』>>