加熱すると甘さが増し、口当りもソフトに『あたご梨のポーク巻きグリル』

今日は、あたご梨と薄切りの豚肉で、ポーク巻きを作ってみました。
あたご梨のポーク巻きグリル

あたご梨のポーク巻きグリル:作り方

これがポーク巻きにするあたご梨。
あたご梨

この梨、1玉がめちゃめちゃ大きくて、一回では食べきれないほど。 「サイズが大きい」=「大味」と思われるかもしれませんが、味は普通の梨とそんなに変わりません。

皮をむいたあたご梨は、くし切りにして芯と種をとっておきます。
あたご梨のくし切り 梨の芯と種を取る

豚肉は、スライスのしゃぶしゃぶ用。 塩コショウとナツメグ、シナモンをふって下味をつけた後、梨に巻きつけます。
肉巻き用の豚肉 塩コショウとスパイスで味付け 豚肉であたご梨を巻く

全部巻けたら、耐熱皿に並べて上からパン粉をふります。 パン粉は、豚の旨味とあたご梨の果汁を吸わせるためにふりましたが、無ければ別にかけなくてもよいです。
肉巻きにした梨を皿に並べる パン粉をふりかける

あとは、アルミホイルをかぶせてオーブンへ。250℃で40〜50分くらいですかね。 梨が大きく、豚肉も巻いてあるので、長めに加熱しました。
耐熱皿にホイルをかぶせる

で、焼き上がったものがこちら。
肉巻きあたご梨の断面

あたご梨は果肉が硬めなので、こういう加熱調理に合ってますね〜。 普通の梨だったら、実がフニャフニャになっちゃうんだろうけど、この梨は加熱後もほどよい食感を保っています。

熱を加えることで甘さも増してて、美味しいです。

生でそのまま食べても普通に美味しいんですが、 こうやって加熱することでまた違った楽しみ方ができる、「一玉で二度美味しい」梨ですね^^

巻きつけるお肉は、好みですが、私的にはベーコンとかハムの方がいいかな。 ちょっと塩気のあるお肉を使うと、味にメリハリが出ると思います。 ま、今回みたく生の豚肉でも、これはこれであっさりしてて美味しいですけどね。

あたご梨のポーク巻きグリル、ごちそうさまでした〜。

<<煮込んだパプリカのプルッとした食感がエエ感じ。『サツマイモとパプリカのコンソメスープ』

正直、最初はマズかった。でも、時間をおいたら味がマイルドに。『アボカドと納豆メインの具たくさんディップ』>>