豆腐+団子粉で作った豆腐団子と、甜麺醤の味付けがポイント。『豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め』

今日の晩御飯は、豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め。NHKの「今日の料理」か何かでやってたのを、母が真似して作ったらしい。
豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め

豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め:作り方

豆腐団子の生地は、市販の団子粉約130gに、一丁分の木綿豆腐を混ぜ合わせて作りました。 (団子粉は、うるち米が2、もち米が1の割合のものを使用。木綿豆腐は、混ぜる前にしっかり水切りしておきます。)

出来た生地は一口サイズに丸め、熱湯に投入。浮き上がってきたら、すくってお皿に並べておきます。
豆腐団子を作る

一緒に炒める野菜は、オクラや椎茸、白ネギなど。オクラは、ヘタを落として斜め切りに。
オクラの斜め切り

椎茸は、軸付きのままスライス。
韓国風炒めに入れる椎茸

玉ねぎは、半玉分を繊維に沿って4〜5等分に。
玉ねぎ

白ネギは、先の青いところも含めて斜め切りに。
白ネギの斜め切り

あとは、生姜を刻み、鶏モモ肉を一口大に切り分けたら、その2つを中華鍋に入れ炒めます。(油はサラダ油を使用。)
刻んだ生姜 鶏はモモ肉を使用 中華鍋で、切った鶏モモと生姜を炒める

しばらく炒めて、鶏肉の表面が白っぽくなってきたら、先ほど切っておいた野菜を投入。
炒めて白っぽくなった鶏肉 野菜を入れる

そのまま炒めながら、鶏と野菜の様子を見つつ、隣の火口で豆腐団子を焼きます。
フライパンで豆腐団子を焼く

母いわく、うろ覚えのレシピで作ったため、豆腐と団子粉の正確な分量がわからず、 目分量で作ったら、思いのほか生地がゆるく、団子がゆるゆるになってしまったとのこと^^;

なので、硬さを出すため、団子の表面をちょっと焼くことにしたらしい^^;
豆腐団子に焼き色をつけてるとこ

韓国風炒めの味付けは、お酒、醤油、砂糖をそれぞれ大さじ1杯づつと、 甜麺醤(てんめんじゃん)が大さじ1.5杯くらい。
韓国風炒めの合わせ調味料を作る 入れるのは砂糖や甜麺醤など

あらかじめ器に入れて合わせておいたものを、炒めた鶏と野菜に回しかけて味付けします。
合わせ調味料を炒めた具にかける

あとは、隣のフライパンで焼いておいた豆腐団子を加え、全体を馴染ませれば完成っす。
中華鍋の具に、焼いた豆腐団子を加える 団子に具と調味料を絡める

できた韓国風炒めを、中華鍋から皿に移す 豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め

では、いただきま〜す。

これが例の豆腐団子。母いわく、焼いてる時はイケそうな感じだったらしいんですが、 中華鍋に移して鶏や野菜と絡めると、形が結構崩れてきてヤバかったらしい^^;
豆腐団子

確かに、箸でつかんだだけでも崩れそうな、見るからに柔らかい豆腐団子ですが、 これはこれで口どけが良くて美味しいですよ。

豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め、ごちそうさまでした〜。

<<お頭、殻付きの『丸ごとエビフライ』と、カキフライ

豚トロのプリっとした歯応えと、噛むほどに出てくる旨味がポイント。『豚トロと野菜の焼肉風炒め』>>