ほくほくジャガイモが入った『肉じゃが風煮込み』と、『フキや長芋の肉巻き』と、『長芋とオクラのおかか和え』

今日の晩御飯は、前日のすき焼きの残りにジャガイモを足した『肉じゃが風の煮込み』と、豚バラと野菜で作った『肉巻き』、 『長芋とオクラのおかか和え』などでした。
肉じゃが風煮込みや肉巻きなど

『肉じゃが風煮込み』と『肉巻き』と『長芋とオクラのおかか和え』:作り方

肉じゃが風煮込みを作る

煮込みに入れるジャガイモ(メークイン)は、皮をむいた後、水を張った鍋に入れ、フタをして下ゆでします。
メークインの皮をむく 鍋に水とメークインを入れる

コンロに鍋をセット ガス火をつけ、メークインの下ゆでをする

15分ほどゆでたところで、塩を少々。
鍋に塩少々を追加

そこからさらに8分、トータルで約25分弱ほどゆでたあたりで芋の硬さを確認。 楊枝がささるくらいになっていたら、下ゆで終了。
楊枝でメークインの硬さを確認

湯切りをした後、鍋をコンロに戻し、残り物のすき焼きを追加します。 メークインのゆで汁を捨てる 湯切りした鍋をコンロに戻す 鍋にすき焼きの残りを入れる

あとは、生卵を割り入れ、フタをして4〜5分煮込み、卵が半熟くらいになったところできぬさやを入れれば、 肉じゃが風煮込みの完成で〜す。(卵の火の通り具合はお好みで。 きぬさやは余熱でも火が通るので、最後の最後に入れるとよいでしょう。)
肉じゃが風煮込みに生卵を投入 最後にきぬさやを入れる

野菜の肉巻きを作る

肉巻き野菜の具は、オクラと、水煮のフキと、長芋。

オクラは、水洗いしてヘタを落とす。
肉巻き用のオクラを洗う ヘタを切り落とす

水煮のフキは、パックの水を捨ててからサッと水洗い。
水煮フキのパック 袋ごと軽く水洗い

長芋は、皮をむいた後、巻きやすい幅の太さに切り分けておきます。
長芋は皮をむく 巻きやすい太さに切る

あとは、半分に切った豚バラスライスで一本ずつ巻けば、下準備は完了。
肉巻きに使う豚バラ バラ肉を長芋に巻く

フキに豚バラのスライスを巻く オクラの肉巻き

焼くのは、ごま油を敷いたフライパンで。
フライパンにごま油をひく

巻き終わりを下にして並べ、肉に焼き色がつけば完成っす。
肉巻き野菜をフライパンに並べる 巻き終わりのところから焼き始める

長芋とオクラのおかか和えを作る

最後のおかか和えは、ちょびっと残しておいた長芋とオクラで作ります。

長芋は、肉巻き用のを1/3くらいの長さに。
おかか和えにする長芋 和えやすいよう、短く切る

オクラは、斜めの薄切りにして器に入れ、
オクラの斜め切り 長芋と一緒に器へ

かつお節とポン酢をかければ出来上がりっす。
長芋とオクラにかつお節をふりかける ポン酢で味付け

では、いただきま〜す。

肉巻きは今まで何回もやったことあるけど、フキの肉巻きは今回が初めてですね〜。 食感がみずみずしくて美味しいっす。
フキの肉巻き

肉じゃが風煮込みは、メークインがほこほこでウマ〜。この崩れそうで崩れない絶妙な煮込み具合がいいっすね。 しっかり下ゆでしたおかげで、味のしみ具合もエエ感じです。
イイ煮込み具合のメークイン

長芋とオクラのおかか和えも、あっさり風味で箸休めにちょうどいいですよ。
長芋とオクラのおかか和え

肉じゃが風煮込みと、肉巻きと、おかか和え、ごちそうさまでした〜。

<<葉付きの小かぶらで2品。本体?の小かぶは煮物に。葉の方は、炒めて即席の佃煮風に。

ゴボウ&レンコンの素朴な味わいと食感が堪能できる『根菜とこんにゃくと牛肉の炒め煮』>>