ヒレカツっぽい歯応えある食感の『豚モモブロックを使ったモモカツ』と、衣がサクサクの『マイワシのフライ』

今夜の晩御飯は、揚げ物〜。
夕飯で食べた揚げ物

こっちのお皿は、豚モモ肉で作った「モモカツ」と、マイワシのフライ。
モモカツとマイワシのフライ

こちらはお野菜皿。オクラやサツマイモ、玉ねぎなどの天ぷらっす。
オクラやナス、玉ねぎなどの天ぷら

モモカツ&マイワシのフライ:作り方

カツにする豚モモは、ブロックのものを削ぎ切りにして、表と裏、両面に切れ目を入れておきます。
モモカツにする豚肉 削ぎ切りにする

豚肉の表面に切れ目を入れる 細かく入れると食べやすい

切り終わったモモ肉は、塩コショウをふって下味をつけときましょう。
削ぎ切りにした豚肉に塩コショウをふる

マイワシは、頭を落として内臓を出しておきます。 (頭を落とす時は、バッサリ全部切ってしまうのではなく、腹側の身を少し繋げて残すように切る。 そうしておくと、身に引きずられてお腹のワタが出てくるので、処理がラク。)
フライにするマイワシ 頭をとって、はらわたを出す

頭とワタを取ったマイワシは、腹開きにした後、尻尾の方から背骨と中骨を取っていきます。 (これぐらいの小さいサイズのマイワシなら、包丁使わなくても骨が取れるらしいっす。)
マイワシのお腹を開く 尻尾側の背骨を取り外し、

頭側に向かって骨をとっていく マイワシの骨をとってるとこ

さばいたマイワシは、流水で洗った後、キッチンペーパーで水気を拭き取っておきます。
マイワシの身を水洗い 水切り中のマイワシ 身についた水気を拭き取っておく

豚モモとマイワシ、両方の下ごしらえが終わったら、次は揚げ工程。 モモ肉には、小麦粉を、マイワシには下味用の塩コショウをふっておきます。
豚モモ肉に小麦粉をまぶす マイワシには塩コショウを

先に揚げるのは豚肉から。溶き卵にくぐらせて、パン粉をつけてから天ぷら鍋に。
豚モモに溶き卵をつける 続いてパン粉 油で揚げる

豚のモモカツを揚げ終わったら、次はマイワシ。手順はモモカツと同様です。
マイワシに小麦粉をつける 次は溶き卵

マイワシの表面にパン粉をつける マイワシを揚げてるところ

揚げ終わりで残った小麦粉やパン粉は、溶き卵が入ったボウルに入れて一まとめにし、 追加の卵、小麦粉、水を加えて野菜用の衣にします。
残った衣の材料は、ボウルで一まとめにする 新しい卵一個と小麦粉を追加 水を入れて少し薄める

野菜は、ナスやサツマイモ、玉ねぎなど。茄子とサツマイモは薄切りに。
ナスの斜め切り サツマイモは薄切りに

玉ねぎは、途中でバラけないよう、楊枝を刺して輪切りに。
玉ねぎに楊枝を刺す そのまま輪切りに

あとは、衣をつけて揚げれば完成っす。
サツマイモの天ぷら 玉ねぎ天 野菜の天ぷら

では、いただきま〜す。

豚モモ肉で作ったモモカツは、ボリューム大で食べ応えのある一品。と歯応えがあって美味しいです。
モモカツ

ヒレカツに似て脂身が少ないので、食感はわりと硬めだけど、 「噛み切れねぇ〜」みたいなイヤな硬さではないので、わりと食べやすいです。

これを「硬い」と感じるか、「いい歯応え」と感じるかは、人それぞれかな。 私は、こういう歯応え、わりと好きです。

マイワシのフライも衣サクサク、中の身がふわっとしていて美味しいです。骨もとってあるので食べやすい。
マイワシのフライ

野菜の天ぷらも美味しく仕上がってますよ〜。
ナスやサツマイモなどの天ぷら

モモカツ&マイワシのフライ&野菜の天ぷら、ごちそうさまでした〜。

揚げ物レシピの動画版はこちら。

天ぷらの盛り合わせ Assorted "Tempura" recipe - YouTube

<<ほの甘い風味で、ほっこり落ち着く味わいの『昆布巻きとカボチャの煮物』

葉付きの小かぶらで2品。本体?の小かぶは煮物に。葉の方は、炒めて即席の佃煮風に。>>