青汁粉末や餅、チーズなどを入れた『変わり種餃子』

今夜の晩御飯のメインは、焼き餃子でした。
焼き餃子

餃子の作り方

具作り

餃子ダネに使う野菜は、白菜や干し椎茸、ニラ、生姜など。

白菜(大きい葉を3枚くらい)は下茹でした後ザルで湯切り、干し椎茸(小さいのを5〜6個)はお湯か水につけて戻しておきます。
餃子の材料

ニラは、1束丸々を細かく刻み、
餃子の具にするニラ

生姜はみじん切りに。
生姜は薄切りにした後 千切りにして みじん切りに

戻した干し椎茸と、下茹でした白菜は水分が多いので、みじん切りにした後によく絞っておきましょう。
戻した干し椎茸 椎茸のみじん切り 椎茸を絞って水気を切る

下茹でした白菜 白菜の水気を絞る

あとは、ボウルでミンチと一緒にして味付けをし、それからよ〜く混ぜ合わせれば具は完成。 ミンチは牛と豚の合挽きを約350g。味付けは醤油が大さじ4、ごま油が小さじ2です。
ボウルに切った野菜を入れる そこにミンチを追加 味付けは醤油とごま油で

ミンチと野菜をよく混ぜる 餃子のタネを混ぜてるところ 餃子の具が完成

具を皮に包む

今日の皮は、35枚入りの袋が2つと、使いかけのが1袋。全部で80枚弱くらいですね。
餃子の具と皮

いつもなら、普通に包むだけなんですが、今日は具に青汁粉や餅、チーズなどを「ちょい足し」してみることにしました。 餅は、しゃぶしゃぶ用の薄切り餅。チーズは、とろけるスライスです。
餃子の具にちょい足しする食材

まずは、青汁の粉から。万が一、マズかったりしたら、家族の反感買いそうなので、混ぜるのは隅の方のちょこっとだけ^^;
青汁粉を餃子の具にふりかける

混ぜ込んだら、皮に包んでおきます。
青汁粉を餃子の具に混ぜ込む 青汁入りの具を皮に包む 青汁粉入り餃子

しゃぶしゃぶ餅と、とろけるチーズは小さくちぎってから中に混ぜ込みます。
しゃぶしゃぶ餅入りの餃子 チーズ入りの餃子

てな感じで、1種類あたり7〜8個、全部で22〜23個作りました。
変わり種餃子

残りの餃子は、いつも通りノーマルで。これはまた別日に食べる用なので、タッパーに入れて冷凍庫へ入れときます。
ノーマル餃子

出来た変わり種餃子の方は、いつも通りフライパンで蒸し焼きにして、いただきま〜す。

あ、この緑っぽい具は、青汁粉入りの餃子ですね。青汁餃子、アリですね。味が青海苔っぽくて結構イケる。
青汁餃子

餅とチーズは、どっちがどっちか分かんないなぁ^^;ちと量が少なすぎたか…^^;
餅入り?チーズ入り?餃子

今度作る時は、包み方を変えるか、皮を大判にしないとイカンな〜。

<<風邪引き母が作った、いつもより味濃い目の八宝菜

舞茸、しめじ、椎茸。キノコが3種も入って旨味たっぷりの「生地無しピザ」>>