豚モモ肉のみっちり感(パサついてるとも言う^^;)が魅力な、『大根入り煮豚のルッコラ添え』

今日の晩御飯のメインは、『大根入り煮豚のルッコラ添え』でした。
大根入り煮豚のルッコラ添え

大根入り煮豚のルッコラ添え:作り方

圧力鍋で大根入り煮豚を作る

煮豚の材料は、大きめの生姜一塊と、白ネギの青い部分と、豚モモ肉。生姜は、ざっくりスライスに。 ネギは、一緒に入れて煮込んじゃうので、切らずにそのままおいときます。
生姜をスライス状に切る

豚モモ肉は、太めのタコ糸(うちで使ってるのは太さ約2mm。)をグルグルっと巻きつけておきます。 縛り方はわりとテキトーな感じでOKです。
煮豚にする豚モモ肉 身にタコ糸をグルグル巻いて しっかり縛っておきます

豚を縛ったら、圧力鍋を用意し、そこに生姜、ネギ、豚を入れます。 あと、お酒50ccと水1カップも加えておきます。
圧力鍋に煮豚の材料を入れる

大根は、輪切りにして皮をむき、隠し包丁を入れた後、鍋に。
豚と一緒に煮込む大根 大根の輪切り

皮をむいた大根に、隠し包丁を入れる 圧力鍋に入った豚や大根

材料を全て入れ終えたら、圧力鍋のフタをしっかり閉めて、最初は強火で加熱します。
圧力鍋にふたをする

すると、フタ中央にある圧力ピンが上がってきます。適正位置まで上がったら、弱火にしてその状態を維持。 (ピンが適正位置を越えたまま煮込むと、鍋の内圧が上がりすぎて危険なので注意します。)
圧力鍋のピン位置に注意

うちで使ってるのは、WMFのパーフェクト圧力鍋。 カタログギフトか何かでもらったやつなんですが、こういう塊肉やカレーなど、 時間のかかる煮込み料理が手早くできるので結構重宝してます。

わざわざ買おうとは思わないけど、あったらあったで便利ですよね、圧力鍋って。

で、その圧力ピンですが、このフタの中央あたりに見えてるのがそれです。
WMFのパーフェクト圧力鍋

鍋の内圧が上がってくると、こんな感じでせり上がってくるんですな。
圧力ピンの説明

煮豚と大根にトッピングを添えてサラダ風に。

弱火にしてから煮込むこと約20分。 火を止めて自然冷却し、ピンが下がったのを確認したら、圧力鍋のフタを開け、豚を取り出します。 (臭み消しの生姜とネギは必要ないので捨てます。)

出来上がった煮豚は、タコ糸を切った後、食べやすい大きさに切り分け、大根とともにお皿へ。
タコ糸を外した煮豚 塊の煮豚を一口大に切り分ける

切った煮豚は、大根と一緒にお皿へ 大皿に盛り付けた煮豚と大根

あとは、刻んだルッコラと、生姜飯の素をトッピングすれば、出来上がりで〜す。
煮豚と大根をサラダ風に盛り付け

では、いただきま〜す。

このソースは、豚の煮汁にケチャップを入れて作ったもの。豚肉の旨味が溶け込んでいて美味しいっす。
煮豚とルッコラ

豚モモ肉って、鶏のモモ肉に似た感じかと思ってたけど、脂身が少なくて結構肉質が詰まってるんですね。 いわゆる「パサついた感じ」の食感なので、人によって好みが分かれそう。

私はわりと好きですよ、こういう肉質。歯応えがあって、肉食べたって感じがするし。

大根の方は、圧力鍋効果で芯まで柔らか〜。ケチャップ入りソースとの相性も良しです^^
大根の圧力鍋煮込み

みっちり感満載の煮豚と柔らか大根のルッコラ添え、ごちそうさまでした〜。

<<ホット&ソルトでWの辛さ『大根とネギの牛キムチ炒め』

ミンチで濃いのと、ツナであっさり、どっちがお好み?カボチャの揚げ焼きコロッケ>>