実が硬いラ・フランスの美味しい食べ方

今が旬ということで、買ってきたラ・フランス。いざ食べようと、母が切ってみたものの、実がまだかなり硬い…。 追熟させるにも、もう既に切ってしまったので、ピザ風に仕立てて食べることにしやした。
切ってしまったラ・フランス

ラ・フランスとロースハムのピザ風味仕立て:作り方

ピザ風に調理するラ・フランスは、皮をむいて種を取り、3〜4mm厚くらいのスライスに。
ラ・フランスの皮をむく 種を取る スライス状に切る

確かに、まだ熟し方が足りないから、実が明らかに硬いですね。 皮をむく感触も、ジョリジョリ、ザリザリという感じでむきにくいっす^^;

切ったラ・フランスは、耐熱皿の底にまんべんなく敷いて、ロースハムと、とろけるスライスチーズをトッピング。
耐熱皿に切ったラ・フランスを並べる 短冊切りのロースハム ちぎったとろけるチーズ

風味付けにスパイスなんかをふりかけると良いですね。 向かって右側のお皿にはシナモンを、左側はナツメグを振ってみました。
右のお皿にはシナモンパウダー 左はナツメグ

最後はパン粉をふってオーブンへ。チーズがとけ、パン粉がこんがり色になるまで焼きます。
ラ・フランス入りの皿にパン粉をふる

で、焼けたものがこちら。200〜250℃くらいで30分弱焼くとこんな感じになります。
ラ・フランスとロースハムのピザ風味仕立て

では、早速、焼き立てを味見してみますか。
ピザっぽく調理したラ・フランスをロースハムとともに

あ、アップルパイみたいな感じで美味しいですね。ロースハムの塩気がエエ具合にきいてます。 チーズのコクと、ラ・フランスの爽やかな甘みも相性良しです。

「生で硬いんなら、加熱して柔らかくすればいいんじゃね?」っつー安易な考えで作ってみたメニューですが、結構イケますね。 我ながら上々の出来映えです^^

欲を言えば、もうちょっとスパイスの風味が出てほしかったな〜。 シナモンもナツメグも、上にかけたから加熱で風味が飛んじゃったのかな? この手のスパイスは、実にまぶすような感じにした方がいいのかもしれませんね。

朝食の1品とか、おやつにも良さげな感じなので、ラ・フランスが手に入った際には作ってみてはいかがでしょうか。
硬いラ・フランスは加熱して食べよう

<<『里芋や薄揚げ、しめじなどを入れた具たくさんのお味噌汁』&『残りものハンバーグとちぎりレタスの玉子とじ』

ごはんのおかずとしてはちと難ありかも^^;な、『柿と大根の焼肉風炒め』>>