ん?いつもと何か違う、と思ったら…うっかり母のすき焼き風鍋

今日の手作りおかずは、すき焼き風の炒め煮鍋。この時期にわりと頻出する定番おかずです。
すき焼き風の炒め煮鍋

すき焼き風の炒め煮鍋:作り方

フライパンに牛の切り落とし肉(塊になっているところは、大まかに切っておく)を入れ、箸でほぐしながら炒めます。
フライパンに牛肉投入 箸でバラしながら炒める

お肉に熱が通り、表面の色が変わってきたら、玉ねぎと白ネギを追加。 (玉ねぎは1.5玉分をくし切りに、白ネギは2本分を斜め切りにしてます。)
切っておいた玉ねぎ&白ネギ投入 牛肉と一緒に炒める

っと、ここで母はふと思う。

「あれ?3品入れただけで鍋がいっぱいいっぱい。前はもうちょっと余裕をもって炒められたのに…。 今日はなんか具が多い?」

「いや、違う!鍋がいつものすき焼き鍋やなくて、フライパンや〜ん!そりゃ炒めにくいはずやわ^^;」

というわけで、いつものすき焼き鍋を持ってきて、中身を移動〜。
コンロにすき焼き鍋を持ってきて フライパンの中身を移動〜

これでいつも通り。調理再開っす。

次は味付けですな。調味料は、酒、砂糖、醤油、全て大さじ3です。
すき焼き風炒め煮鍋の味付け 砂糖 醤油

味付けしたところで、水煮のぜんまいや糸こんにゃく、椎茸などを投入。 (ぜんまいは、そのままだと長すぎるので、食べやすい長さにカット。椎茸は縦半分に切っておく。)
ぜんまいと糸コンニャクを追加 あと、椎茸も

ここで一旦フタをして一煮込み。
煮込み中

3分ほど経ったところで、つみれを追加し、
つみれ 鍋のヘリに入れる

そこからさらにフタをして1分。最後に豆腐とかまぼこを入れれば、具の投入は完了。
フタをして煮込み1分 豆腐投入 かまぼこも

あとは、足りない分の水とダシ(麺つゆ)を少し補給して一煮立ちすれば、すき焼き風の炒め煮鍋完成です。
鍋にダシと水を足す

白ネギや、焼き豆腐、糸こんにゃくなど、具は全部美味しいんだけど、
すき焼き風炒め煮鍋

一番好きなのはやっぱお肉なんですよね〜。
味のしみた牛肉

すき焼き風の炒め煮鍋、ごちそうさまでした〜。

すき焼き関連のレシピ、『動画版』はこちら。

『ぜんまいのすき焼き風』の作り方 [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<塩コショウの後、小麦粉をまぶして旨味を凝縮。『イワシの煎り焼き』

家族が集まった日の夕食は鉄板焼き>>