子供の頃をふと思い出す、懐かし味のソース焼きうどん

今日の晩御飯のメインメニューは、焼きうどんでした。
焼きうどん

焼きうどんの作り方

具は、ピーマンやニンジン、もやし、キャベツなど。ピーマンは、種をとって細切りに。
ピーマンの細切り

もやしは軽く水洗いしてからザルに上げ、根っこをとっておきます。 私は面倒くさいから、もやしそのまま使うけど、母はこのヒゲ根をとっとかないと気になるんだそうな。
もやしのヒゲ根とり

ニンジンもピーマン同様、細切りに。キャベツはザク切りにしときます。
ニンジンの細切り キャベツのザク切り

お肉は豚バラ。
豚バラのスライス

スライスのものを4〜5等分に切ったら、熱したフライパンに入れて炒めます。
豚のバラ肉をフライパンに入れる 色が変わるまで炒める

お肉の色が変わったら、ピーマンやもやし、キャベツなどの野菜を投入。
野菜を追加 キャベツも投入

そのまま5〜6分ほど炒め、野菜のカサが減ってきたところで、うどん投入。味付けはトンカツソースで。 (うどんは流水で軽くほぐし、ザルで水切りしてます。)
うどんと味付け用のソース

あとは、具と麺にソースを絡ませれば出来上がりっす。
麺と具にソースを馴染ませる お皿に盛った焼きうどん

では、いただきま〜す。

焼きうどんって、食べるとなんとなく子供の頃を思い出しませんか? 午前中で学校が終わる土曜日とか、こういうパパっとできるお昼ご飯を、母が作ってくれたような気がする。
ソース味の焼きうどん

食べるとふと子供の頃を思い出す、懐かし風味の焼きうどん、ごちそうさまでした〜。

<<生地の粘りがハンパないくらい、もちムチした食感。『メークインとゴボウとコンニャクのピリ辛お焼き』

ほんのり甘くて優しい味わい『ゆがき大根とコンニャクと薄揚げの煮物』>>