全粒粉が入った強力粉クッキーの作り方。

冷蔵庫やキッチンで中途半端に残っている「持て余し食材」の消化ネタ。今回は全粒粉を使います。 私の場合、全粒粉と聞いて真っ先に思いつくのがクッキーです。 あのサクサクした食感と、つぶつぶ粒子の噛み応えはクセになりますな。 ということで、今回作るメニューは、私が大好きな「全粒粉のクッキー」に決定!

でも、この全粒粉、どうやら強力粉っぽいんですよね。袋にパン・ピッツァ用って書いてあるし^^;
全粒粉の小麦粉
全粒粉入りの食パンは我が家でも作ったことがあるんですが、 その時は「つぶつぶ感」をほとんど感じられなくて、なんだか物足りなかったんですよね。

「やはり、全粒粉の魅力を堪能するにはクッキーしかあるまい。」ということで、パンは却下。 もう既に私の口が、「全粒粉クッキーを食べたい口」になっているので、作るメニューはこのままクッキーで押し通すことにしました。 (強力粉でも薄力粉でも小麦粉には変わりないから、きっと大丈夫…なハズ…。)

強力粉クッキーのレシピと作り方

材料

作り方

バターをほぐして柔らかくします。マヨネーズ状になるぐらいがベストなんだそうな。
柔らかくなったバター
電子レンジを使うと時間が短縮できます。ただし、温めすぎにはご注意を。 電子レンジを使う場合は、様子を見ながら、小刻みな間隔で温めるのが良いようです。

バターが柔らかくなったら砂糖を投入し、両者が馴染むまでよく混ぜます。 バターと砂糖が混ざったら、そこへ溶き卵を加えます。
バターと砂糖と卵を混ぜたもの
めっさダマっぽくなっとるけど、大丈夫やろか^^;(ちと不安。)

全粒粉入りの強力粉をふるいながら入れ、切るようにして材料同士を混ぜあわせます。
全ての材料を切るように混ぜる
なんか鳥そぼろみたいな見た目になっとる…。クッキーの生地って、普通こんなもんなん?(かなり不安。)

鳥そぼろのようなクッキー生地と格闘すること数分。なんとか一つにまとまりました^^;
クッキーの生地
クッキーの生地ってもっとしっかりしてるかと思ったけど、想像以上に柔らかいですね。 柔らかいキャラメルとか、飴細工に使う飴みたいな質感に近い?かな。 見た目も飴っぽいですね。表面が結構ツヤツヤしてます。

これを棒状に伸ばしてラップで包み、一時間ほど冷蔵庫に入れて冷やします。

溶き卵がまだ半個分残っているので、クッキーをもう一種類作ります。 使う粉は「もち粉」です。
もち粉
このもち粉は、かなり長いこと持て余してますね。 もち粉って、普段の料理でほとんど使いませんからねぇ。うちの場合、和菓子は外で買ってくることが多いし。

もち粉クッキーのレシピと作り方

材料

強力粉クッキーと同じ作り方で作業を進めていきます。が、もち粉をふるって入れたところでアクシデント発生。 混ぜても混ぜても生地がサラサラでまとまる気配が無い…。

もち粉をボウルに投入した直後は、全粒粉クッキーの時と同様、そぼろっぽくなったんですが、 切るようにして混ぜていくと粒子がどんどん細かくなっていき、しばらく混ぜ続けるとこんな姿になってしまいました(T_T)
もち粉を混ぜた生地

かなり焦りましたが、水を少しずつ加えていくと生地が徐々にまとまってきました。
まとまりつつあるもち粉生地
最終的には、一つの塊に落ちついてくれたので一安心です。加えた水の量は、大さじ1〜1.5杯分くらいだったと思います。
一つにまとまったもち粉の生地

冷蔵庫に入れておいた生地が冷えて固まったら、切り分けて天板に並べ、オーブン(予熱済み)で焼きます。 オーブンの温度は180℃、焼き時間は約15分です。
天板に並んだクッキーの生地

全粒粉ともち粉、2種類のクッキーはこんな感じに仕上がりました。
全粒粉と、もち粉のクッキー

見た目はそれっぽく出来上がりましたけど、両方ともかなり堅いです。 (レンジで温めると少し柔らかくなって食べやすくなりますけどね…^^;) クッキーというより、ビスケットに近い感じかな。 残念ながら、市販クッキーのようなサクサク感はナッシングです。

全粒粉で作ったクッキーの方は、期待していた「つぶつぶ食感」が全く無いですね〜。 なんでだろ?粉が強力粉だから?私の作り方がマズイから?(おそらく両方。) もち粉で作ったクッキーの方は、やはりというか予想通りというか、食感がモチモチしてます^^;

やはりクッキーは薄力粉で作るのが一番のようです。マニアックなクッキーが好きな方はお試しあれ^^;

<<ホームベーカリーを利用したベーグルの作り方。

地元の桜を撮ってきました。>>