前日の重ね鍋のダシを、おでんに活用。

今宵の晩御飯のメインは、おでんとサラダでした。
おでんとサラダ

おでん&サラダの作り方

まずは、おでんの下ごしらえから。

大根やジャガイモ、こんにゃくなど、生の食材は煮えて味がしみこむまで時間がかかるので、 午前中のうちにダシで一煮込みしておきます。

大根は厚めの輪切りに、こんにゃくは三角に切ってから、表面に格子状の切れ目を、 じゃがいも(メークイン)は皮をむいて水にさらします。
大根を輪切りにする こんにゃくの表面に切れ目を入れる

切った大根は、下茹でしときます。(ジャガイモとこんにゃくは下茹でせず、そのまま。)
大根の下茹で

前日の夕食、『豚バラと白菜の重ね鍋』のダシが入った鍋に、 下茹でした大根やメークイン、こんにゃくなどを入れ、フタをして火にかけます。
おでんの具を鍋で煮る

午前中の仕込みはこれで終了。練り物系を加える時にまた火をつけるので、 この段階ではあまり長時間煮る必要はありません。一煮立ちしたら火を止める、くらいのサラッとした感じでよいかと。

そして数時間後…。 そろそろ晩御飯の用意でも…という時間帯になった頃に、ごぼう天や、厚揚げなどの練り物系ネタを加えて、再び煮込みます。
おでん鍋にごぼう天投入 厚揚げや丸天など投入 練り物を追加したら、再び煮る

サラダを作る

サラダの食材は、市販のカットサラダや、ベビーリーフ、トマト、ツナ、ブロッコリー、ハムなど。 カットサラダは、袋から出してお皿へ、ベビーリーフはサッと水洗いしてザルに上げておきます。
サラダを作ってるところ

カットサラダの上に、ベビーリーフをもさっと盛り…
ベビーリーフ

トマトは角切りに。
トマトの角切り

あと、缶から出したシーチキンと、切ったロースハムもね。
シーチキン ロースハム

ブロッコリーは房を一口大に切り分けて、ボイルしてから盛り付けます。
ブロッコリーを一口大に切る ブロッコリーを茹でているところ

では、いただきま〜す。

おでんはまず練り物から。練り物は火の通りが早いからいいですよね。 ピリッとした紅生姜がポイントの生姜天や、ダシがよくしみた厚揚げ、ほどよい弾力の丸天など、どれも美味しいです。
おでんの練り天各種

作った初日はまだ早いかな?と思っていた野菜系のおでん種もわりと味がしみてて美味しかったですよ。 メークインはホクホク。大根も、硬過ぎず柔らか過ぎずのちょうどいい歯応えでウマ〜。
メークイン おでんの大根

サラダは、ごろっとした大きさのブロッコリーがエエ感じっす。
ブロッコリーやトマト、ツナのサラダ

おでんと生野菜サラダ、ごちそうさまでした〜。

おでん関連のレシピ、動画版はこちら。

おでん Oden (japanese style stew) recipe - YouTube

<<麺つゆ、豚バラ、白菜だけですぐできる、旨味たっぷりの重ね鍋と、揚げ長芋&大葉の生姜風味サラダ

焼き豆腐や練り物を追加した2日目のおでん&春雨の甘酢和え&焼き餃子>>