鶏ささみの大葉巻きや、みょうが、イカなど、ネタ盛りだくさんの天ぷら

この日の夕食は、ナスや玉ねぎ、ささみ大葉巻き、海老などの天ぷらでした。
舞茸、さつまいも、ピーマンの天ぷらもあるよ

天ぷらの作り方

まずはネタにつける衣作りから。1個分の溶き卵に、1.5カップ分の小麦粉と炭酸水約250ccを加えます。
天ぷら衣に使う溶き卵 小麦粉と炭酸水を入れる

水ではなく、炭酸水を使うところがポイント。炭酸水は発泡性があるので、揚げた時に衣がサクサクになるんですな。
ネタをつける天ぷらの衣

衣の用意ができたら、次は揚げるネタ。みょうがは縦半分に、さつまいも&ナスは薄切りにします。
みょうがとサツマイモ ナスの薄切り

イカは輪切り。揚げた時にハネないよう、皮をむき、水気もよく拭き取っておきます。
イカの輪切り

ネタがある程度たまってきたので、ここまでの分をとりあえず揚げていきます。ナスやミョウガ、サツマイモなど。
茄子、さつまいも、みょうがなどの野菜を揚げる

野菜を揚げてる間に、次のネタ作り。ささみの大葉巻きと海老です。

鶏のささみは大葉が巻きやすいよう、細長く切ります。エビは殻やワタをとり、尻尾をしごいて汚れを落としておきます。
鶏のささみ 細く切ったささみを大葉で巻く 天ぷら用のエビの下ごしらえ 尻尾を包丁でしごき、汚れを落とす

ここまで出来たら、また揚げに戻ります。お、これは舞茸ですね。 舞茸って、天ぷらにするとサクサクした食感になって、美味しいんですよね〜。
舞茸を揚げる

あと、玉ねぎなんかも。じっくり揚げると甘みが増します。
玉ねぎに天ぷら衣をつける 色よく揚がった玉ねぎ

最後は、魚介やお肉系。エビやイカ、ささみの大葉巻きなどを揚げてフィニッシュ!
ささみの大葉巻きやエビを揚げる イカを揚げる

かと思いきや、ここでピーマン登場。後で母に聞いたら、「衣が余ったから、ついでに揚げた」だそうな^^;
ピーマンを揚げる

これでこの日の天ぷら作りは終了〜。今回もなかなかのボリュームです。
天ぷら完成

では、いただきま〜す。

これは、みょうがの天ぷら。ミョウガなんて、子供の頃は見向きもしなかったんすけどね〜。今は結構好きです^^
みょうがの天ぷら

これは舞茸。他のネタには無いサクサク感がGood!
舞茸の天ぷら

ささみの大葉巻きと、イカの天ぷらも美味しいっすよ。特にイカは、独特の旨味がイイ味出してます。
鶏のささみの大葉巻き イカの天ぷら

ミョウガや茄子、サツマイモ、ささみ、イカなど、ネタ盛りだくさんの天ぷら、ごちそうさまでした〜。

天ぷらレシピの動画版はこちら。

天ぷらの盛り合わせ Assorted "Tempura" recipe - YouTube

<<玉ねぎ&牛肉たっぷりのハッシュドビーフ

麺つゆ、豚バラ、白菜だけですぐできる、旨味たっぷりの重ね鍋と、揚げ長芋&大葉の生姜風味サラダ>>