たっぷりキャベツと麺つゆの味付けで作った焼き餃子

今宵のメインおかずは、自家製の焼き餃子。
我が家の餃子

自家製餃子の作り方

具の下ごしらえ:野菜&ミンチ

餃子の具にする野菜は、ニラやキャベツ、干し椎茸など、定番のものです。 ニラは丸ごと1束、キャベツは1/4個、干し椎茸は水で戻したものを4枚、すべて細かく刻んでボウルに入れます。

ニラ

最初は、半束くらいでもいいかなと思ったんですが、うちは他の料理にニラをあまり使わないので、 残してといてもしょうがないかっつーことで、餃子に全部入れちゃいます。
ニラ一束 ニラを細かく切る

キャベツ

母が作る時は、葉っぱを茹でてからみじん切りにするんですが、私は面倒くさいので生のままで^^;
キャベツ1/4玉 キャベツのみじん切り

干し椎茸

干しシイタケは奈良のばーちゃんが送ってくれたもの。土地の特産品らしく、カサが大きく肉厚。
干し椎茸4枚 戻した干しシイタケを刻む

おろし生姜の量はお好みで。私はわりとたっぷり入れるのが好きなので、大きめの塊をすりおろしました。
餃子の具に、おろし生姜を加える

刻み終わった野菜はこんな感じ。
みじん切りにした野菜

はぁ〜、みじん切りにすんの疲れた^^;キャベツの量が結構多いっすね。ミンチ入るかな?^^;

え〜い、なんとかなるやろ!っつーことで、ミンチを予定通り投入。豚と合挽きの2種類で、どちらも量は130g前後。 豚の方が若干多いかな。
野菜が入ったボウルに挽き肉を入れる

で、混ぜ始めたんですが、開始早々、味付けするのを忘れていることに気付く…^^;
ミンチをこね始める

どうしようか一瞬迷いましたが、下味つけずに焼くのはさすがに味気なかろうっつーことで、 手を洗って仕切りなおし^^;

具の味付けは、3倍濃縮の麺つゆが大さじ2、ごま油が大さじ1、あと、塩コショウとココイチのとび辛スパイスが各少々という感じです。
餃子の具を味付けする調味料 麺つゆやごま油を餃子のタネに加える

あとはひたすら混ぜれば、餃子のタネは出来上がり。具の量が多くてどうなるかと思いましたが、 ボウル内になんとかおさまりましたね^^;
ミンチと野菜をよく混ぜる 出来上がった餃子の具

できた具は、小一時間ほど冷蔵庫に入れておきます。 混ぜてすぐ包んでもいいんですが、冷やした方がミンチが少し固まって包みやすいですからね。 味的にも、しばらく寝かしておいた方が良くなるような気がします。

餃子の具の包み方

冷蔵庫で小一時間寝かした餃子の具がこちら。
冷蔵庫で冷やした餃子の具

キャベツが生で、なおかつ量が多いので、具がいつもよりユルめですね。皮は、一袋25枚×3袋の75枚です。

皮の真ん中に餃子の具を乗せて、
皮の真ん中に餃子の具を乗せる

ヒダを作りながら口を閉じていく。
皮のフチを閉じつつ… ヒダを作る

静止画だと分かりづらいですが、だいたいこんな感じです。ポイントは具を乗せすぎないことかな。 一口タイプの餃子なので、具を乗せすぎると、包む時にはみ出てきちゃいます^^;

あ、そうそう、この包み方は、皮に水をつけません。 なので、しばらくするとフチの閉じ口が少し開いてきますが、気にしない。 多少開いていても、蒸し焼きにする時の水分で閉じるので、問題無いっす。

これが今日包んだ75個分の生餃子。当日食べる分はお皿に、冷凍保存用はタッパーに入れました。
生餃子75個

時間計ってみたら、全部包み終わるのに25分くらいかかってました。 25分で75枚ってことは、約20秒で1個包んでる計算ですね。う〜ん、早いのか遅いのか微妙…^^;

餃子の焼き方

焼き方に関しては、特にコツはないです^^; フライパンに並べて、片面が焼けたら裏返し、水を入れて蒸し焼きに。
フライパンの上に餃子を並べる 片面が焼けたら裏返しに 水を入れた後、フタをして蒸し焼きにします

焼けたらお皿に盛り付けて完成で〜す。
焼き餃子 お皿に盛った焼き餃子

では、いただきま〜す。餃子の出来具合はどうかな〜?
自家製の焼き餃子

皮はこんがり焼けてて美味しいけど、具の味がちょっと薄いっすね^^;

麺つゆが3倍濃縮だったんで、大さじ2杯くらいでちょうどいいかと思ったけど、足らなかったかな? それとも塩コショウが足らなかったか…。料理の味付けって難しいなぁ。

今宵も美味しい晩御飯ごちそうさまでした。

<<筑前煮と、しょうが飯サラダ

砂糖&醤油にお酒がベースの、甘めなすき焼き>>