カレイの煮付け&豚でなく、鶏で作った酢豚

この日の夕食のおかずは、カレイの煮つけと酢豚でした。
カレイの煮付けと酢豚

カレイの煮付け&酢豚:作り方

カレイの煮つけを作る

煮付け用の煮汁は、麺つゆが1カップにお酒が1/2カップ、砂糖が大さじ3、醤油が小さじ1、みりん少々という配合になっております。
煮付け用の煮汁 砂糖

あわせた調味料を鍋に入れ、一度煮立たせたら、そこにスライスした土生姜と切り身のカレイを投入。
煮立たせた汁に生姜を入れる 切り身のカレイ

ガスを強火にし、煮汁が沸騰してきたら、その状態を7分ほどキープ。 その後、火加減をとろ火に弱め、落とし蓋をしたら12〜13分ほど煮込みます。
煮汁を沸騰させる とろ火&落としブタで煮込む

◆料理メモ:煮つけ◆

母いわく、「カレイのような柔らかいものを煮付けにする時は、汁を煮立てたところに具を入れるようにすると、煮崩れが防げるし、 味もしみやすい。」んだそうな。(汁が冷たい状態で具を入れ、温度が上がるまで一緒に煮てしまうと、柔らかいものは身が崩れてしまう。)

酢豚を作る

カレイをコトコト煮ている間に酢豚作り。酢豚ですが、使うのは鶏モモ肉^^; 塊で買ってきたものを一口大に切り分け、市販のから揚げ粉をまぶして、から揚げにします。
塊の鶏モモ肉を切る から揚げ粉をつけて揚げる 酢豚に入れるから揚げ

切り分けた鶏が全部揚がるまで少々時間がかかるので、その合間に野菜を用意しましょう。

今回の酢豚に入れる野菜は、ピーマンやパプリカ、玉ねぎ、椎茸など。
酢豚に使う野菜

ピーマン&パプリカは乱切りに、玉ねぎは厚めの幅で、シイタケは軸を落としてカサを半切りにします。
ピーマンの乱切り 玉ねぎを切る 椎茸の軸を切る カサを半切りに

味付けは、お酢が半カップ分、醤油が大さじ1、お酒が大さじ1、砂糖が大さじ4、ケチャップが大さじ2、 ソースが大さじ2。すぐに味付けができるよう、カップに全部入れて混ぜておきます。
酢豚用の合わせ調味料を作る カップに砂糖を入れてるところ

先ほど切った野菜は中華鍋へ。火が通って野菜がしんなりしてきたら、合わせ調味料を回し入れて味付けします。
中華鍋で野菜を炒める 調味料を入れて酢豚の味付けにする

鶏のから揚げはここで投入。野菜にサッと混ぜ合わせ、水溶き片栗粉でとろみをつければ、酢豚完成で〜す。 既に作ってあるカレイの煮つけもお皿に盛り付け、一緒に食卓へ。
炒めた野菜にから揚げを混ぜ合わせる 酢豚 カレイの煮付け

では、いただきま〜す。

酢豚は、赤と黄色のパプリカが彩りになってていいですね。鶏も一度揚げてるから旨味が増してますよ〜。 から揚げの衣に味がしみててウマ〜。
豚でなく、鶏で作った酢豚 鶏のからあげ

カレイの煮付けは、結構濃いめの味付けですね。 身はほぐしやすく、でも煮崩れはしてない、という絶妙な仕上がり具合。 身だけでなく、煮込んで柔らかくなった皮も、食感トロトロで美味しいっすよ。
煮つけにしたカレイの身

今宵も美味しい晩御飯、ごちそうさまでした。

カレイの煮付けに関しては、ほぼ同じような内容の『動画版レシピ』があります。

作ってみると意外と簡単!『カレイの煮付け』 [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<『豆腐と挽き肉の甘辛炒め』&『高野豆腐と冬瓜の煮物』

筑前煮と、しょうが飯サラダ>>