『豆腐と挽き肉の甘辛炒め』&『高野豆腐と冬瓜の煮物』

今宵の晩御飯メニューは、豆腐&挽き肉の甘辛炒めと、高野豆腐&冬瓜の煮物です。
甘辛炒めと煮物

『豆腐と挽き肉の甘辛炒め』&『高野豆腐と冬瓜の煮物』:作り方

まずは、時間がかかる煮物の方を先に仕込んじゃいます。

冬瓜は、1/8カットのものを皮むき&種取りして、ブロック状に。エリンギも冬瓜と同じくらいの大きさに切っておきます。
冬瓜を四角く切る エリンギの軸とカサを一口大に切る

お湯をわかした鍋に高野豆腐(戻し不要、調味料付き)を入れ、味付けします。 我が家は甘めの味付けにすることが多いので、付属の調味料にプラスして、砂糖を追加しております。
高野豆腐を鍋に入れ味付け

味が決まったら、冬瓜とエリンギを投入し、フタをした後、しばし煮込みます。
先ほど切った冬瓜とエリンギを鍋に追加 フタをしてしばらく煮込む

煮物はこれでOK。次は甘辛炒めの仕込みに移りましょう。といっても、やるのは豆腐の水切りくらいっすけどね^^;

使うのは、半丁分の豆腐。これをキッチンペーパーで包み、水切りします。
甘辛炒めに使う豆腐 キッチンペーパーに包み水切りします

頃合いを見て鍋の中身をチェックし、野菜が柔らかくなっているようなら、練り物(紅生姜の天ぷら)を加え、さらにもう少し火を通します。 写真には写ってませんが、紅生姜天と一緒にオクラも入れてます。
煮込み材料に、紅生姜の天ぷらを追加

母いわく、オクラは最初入れる予定に無かったらしいんですが、よう考えたら、 具が「高野豆腐・冬瓜・エリンギ・紅生姜天」の4品で、それでは縁起が悪いからっつーことで、急遽入れることにしたんだそうな。 晩御飯を作るのにもゲン担ぎするんですね^^;

煮物を最後の一煮立ちさせてる間に、豆腐の甘辛炒めをパパっとやっちゃいましょう。

キッチンペーパーに包んだ豆腐の水分がそろそろ抜けてる頃だと思うので、これを切り分けます。
水切りした豆腐を切る

フライパンにゴマ油を広げてミンチを炒め、表面の色が変わったらししとうを投入。
フライパンで挽き肉を炒める 肉の色が変わったらししとうを入れる

味付けは、砂糖が大さじ2、醤油が大さじ1、お酒&みりんが各少々。
ミンチとししとうを甘辛く味付けする

あとは豆腐を入れて、全体の味が絡めば甘辛炒め完成〜。煮物も出来上がったようなので、一緒に盛り付けて食卓へ。
豆腐と挽き肉とししとうの甘辛炒め 甘辛炒めと煮物

では、いただきま〜す。

甘辛炒めはご飯のおともにピッタリな感じの味付けですね〜。水切りした豆腐もほどよい食べ応えがあって美味しいっす。
豆腐・ししとう・挽き肉の甘辛炒め

煮物は、柔らかくなった高野豆腐に煮汁がしっかりしみ込んでますね〜。練り天の紅生姜が、味のアクセントになっててウマ〜。
高野豆腐・冬瓜・エリンギ・紅生姜・オクラの煮物

今宵も美味しい夕食ごちそうさまでした。

「冬瓜の煮物」関係のレシピは、こちらに動画版があります。

冬瓜と高野豆腐の煮物 Simmered "tougan" with "koya-dofu" recipe - YouTube

<<明太子とナポリタン風のパスタ&長芋のおかか大葉和え

カレイの煮付け&豚でなく、鶏で作った酢豚>>