ほうれん草のおひたしと、長芋のステーキ(ししとう&チキン&クルミ添え)

この日の夕飯のメインメニューは、ほうれん草のおひたしと、長芋のステーキでした。
ほうれん草のおひたし&長芋のステーキ

ほうれん草のおひたしは、砂糖と麺つゆをきかせた甘めの味付け。
ほうれん草のおひたし

長いものステーキは、付け合せにししとうや鶏肉、クルミなどを添えて。
ほうれん草のおひたし&長芋のステーキ""

厚切りにして、焼き目をしっかりつけるのがポイントですよ。
長芋ステーキの断面

ほうれん草のおひたし&長芋のステーキ:作り方

ほうれん草のおひたしを作る

おひたしに使うホウレンソウは、一束丸ごと。根元の土や葉の汚れを水で洗い流し、沸騰させたお湯でゆがきます。
ホウレンソウを水で洗う ホウレンソウの束を熱湯で茹でる

茹で加減はお好みで。我が家のおひたしはわりと柔らかめかな気がするので、茹で時間はちょっと長めかも。 ゆがき終わったら、水にさらして粗熱をとっておきましょう。
ほうれん草を茹でているところ ゆがき終わったほうれん草は流水へ

その後、絞って水気を切り、食べやすい大きさにカットして、お皿へ。
ホウレンソウを食べやすい大きさに切り分ける お皿に盛ったほうれん草

味付けは、砂糖と麺つゆがメインで、あと、味の素なんかもちょこっと入ってます。砂糖:麺つゆ:味の素=大さじ1:大さじ1:少々という感じです。
おひたしの味付け

あとは、すりゴマを入れて、全てを混ぜ合わせれば「ほうれん草のおひたし」の完成で〜す。
ほうれん草のおひたし

長芋のステーキを作る

ステーキにする長芋は、土やおがくずを水で流して、厚切りに。少し角度をつけて斜切りな感じにすると、見た目的なボリュームもアップするので良いかと。
ステーキにする長芋

切った長芋は皮をむき、フライパンでバター焼きにします。(この日はあいにくバターが無かったので、パン用のファットスプレッドを使いました。)
長芋の皮をむく フライパンにバターを敷く 長いもの片面を焼く

焼き色がついたら、引っくり返して反対側の面も焼きます。最初に入れた油(ファットスプレッド)が少なくなっていたので、ゴマ油を追加しました。
片面焼けた長芋を引っくり返す ゴマ油を追加 長芋を蒸し焼きに

長芋を蒸し焼きにしてる間に、付け合せの具を用意しましょう。

お肉系の具は、鶏とベーコン。鶏は、スーパーのお惣菜コーナーで買ってきたローストチキンっぽいやつ。 ベーコンと一緒に切っておきます。チキンは、長芋との絡みをよくするため、薄切りで。
ベーコン&チキンを切る

彩りにはししとうを。軽く水洗いして、ヘタを取っときます。
ししとうはヘタを取る 長芋ステーキの付け合せにするししとう

焼けた長芋はお皿へよけておき、フライパンにベーコンとししとうを入れます。 (フライパンの中央に見えてるのは長芋。焼き色の付き方が足りなかったので、追い焼きしました。)
ベーコンとししとうを焼く

ししとうとベーコンに火が通ったら、薄切りにしたお惣菜の鶏&クルミを追加し、麺つゆで味付け。 クルミは、大粒のものを入れるのがオススメですよ。その方が、他の具との食感に違いが出ますし、ナッツ類独特の歯応えも楽しめます^^
チキンと胡桃を入れる 付け合せの味付けは麺つゆで

味付けした後は、水溶き片栗粉を回しかけ、全体的にとろみをつければ、付け合せの具は完成っす。 長芋の上にたっぷり盛り付けて、ガッツリいただいちゃいましょう。
麺つゆで味付けした具に、水溶き片栗粉を回しかける 長芋ステーキの完成

今宵も美味しい晩御飯、ごちそうさまでした。

<<レンコン、みょうが、茄子などの天ぷら

豚の生姜焼きと、春雨・ハム・きゅうりの甘酢和え>>