八宝菜&野菜炒め入りお好み焼き

この日のおかずは、野菜たっぷり具沢山の八宝菜や、自家製お好み焼き、お惣菜のコロッケなどなどでした。
八宝菜やお好み焼きなどなど

作り方は以下のような感じっす。

八宝菜を作る

ではまず、八宝菜の作り方から。こんにゃくは、短冊状に。白菜1/4は、根元の芯のところを少し落としてザク切りにします。
八宝菜に使うこんにゃく&白菜 こんにゃくは短冊切りに 白菜は根元&芯を少し切り落とす ザク切りにした白菜

ニンジンや椎茸、豚バラなんかも入れときましょう。ニンジンは小さめの短冊切りに。椎茸は、石づきをとって、軸ごと縦半分に。 豚バラは、スライスのものを4等分間隔くらいに切っておきます。
短冊切りした人参 シイタケと豚バラを切っているところ

材料の下準備ができたら中華鍋を用意し、豚バラ肉を炒めます。
熱した中華鍋で豚バラを炒める

続いて、白菜、こんにゃくなどの野菜を投入。
白菜やこんにゃくを炒めているところ

あらかた火が通って野菜のかさが減ってきたら、麺つゆ&料理酒で味付けをして、シーフードミックスを追加します。
シーフードミックスは後のほうで入れる

Q.シーフードミックスを最後に入れる理由は?

A.冷凍食材であるシーフードミックスは、熱を通しすぎると水分が出てきてしまい、 身が縮んでしまうので、野菜やお肉とは別にして最後に入れている。

あとはちょちょいとかき混ぜ、全体が一体となったらほぼ完成。とろみは食べる直前につけるので、これはとりあえずこのままおいときます。
具だくさん八宝菜

お好み焼きを作る

八宝菜の次は、お好み焼きの作り方っす。まずは生地作りから。

ボウルに卵2個を割り入れ、溶きほぐした後、小麦粉をカップ1杯分追加。
ボウルに入れた卵を溶く そこに小麦粉を追加

この時は、生地の質感が少し硬かったので、水をいれて調節。これで生地の準備は完了っす。
生地の硬さは水で調節 お好み焼きの生地

具にするオクラは、小口切りに。長芋は、すりおろして生地のつなぎにするので、皮をむいておきます。
具用のオクラと、つなぎ用の長芋

オクラと長芋、両方を生地に混ぜ込んだら、そこに前日の野菜炒めを入れちゃいます。
お好み焼きの生地にオクラを投入 生地のつなぎにする長芋 生地をかきまぜているところ 前日の野菜炒めも、お好み焼きの具にしちゃう

残り物を有効活用でき、お好み焼きのボリュームもアップできるという、家庭料理ならではの裏技ですな^^

お好み焼きといえば、忘れちゃいけないのが、キャベツ。今日は、芯の部分を細切りにして混ぜ込みました。
キャベツの芯を刻んでいるところ 生地に具を入れたら、あとは焼くだけ

あとは熱したフライパンに生地を流し込み、焼くだけ〜。
ガス火を点火してフライパンを熱する 生地を一気にフライパンへと流し込む

豚バラを乗っけて、
流し込んだ生地の上に、豚バラを乗せる

両面しっかり火を通せば、残り物を有効活用した「自家製お好み焼き」の出来上がり〜。
両面焼いたお好み焼き

完成したお好み焼きはお皿に移し、食べやすい大きさにカットしておきましょう。
仕上がったお好み焼きは、食べやすい大きさにカット

八宝菜の仕上げ

ここからは八宝菜のとろみ付けと、最後の仕上げです。水溶き片栗粉と、紅生姜入りのおつまみ天ぷらを用意します。
水溶き片栗粉&紅しょうが天

ガス火をつけて煮汁が沸騰してきたら紅生姜天を入れ、他の具と絡めるようにしてかき混ぜたら、水溶き片栗粉を回し入れます。
八宝菜にとろみをつける

これで八宝菜も完成〜。
仕上がった八宝菜

Q.野菜を炒める時に、なぜ紅生姜の天ぷらも一緒に入れないのか?

A.紅生姜の天ぷら自体が、そんなに火を通さなくても食べられるものであるから、というのが一つ。 もう一つの理由は、食感を残すため。(こういう小麦粉の衣がついた食材というのは、水気を含みすぎると生地がふやけてしまって、フニャフニャした食感になってしまう。)

では、いただきま〜す。八宝菜は山の幸、海の幸盛りだくさんで満足感も大。
八宝菜

お好み焼きの方も、八宝菜に負けじと具たくさんですよ〜。残り物でボリュームアップ作戦成功っす^^
自家製お好み焼き

八宝菜に関しては、ほぼ同じレシピの動画版があります。

八宝菜の作り方 [サイノメさんちのごはんレシピ] - YouTube

<<ピザ&焼きビーフン&セロリの甘酢和え

レンコン、みょうが、茄子などの天ぷら>>