「鶏と野菜の照り焼き風」&「冬瓜とひろうすの煮物」

今日の晩御飯は、「鶏と野菜の照り焼き風」と、「冬瓜とひろうすの煮物」でした。
鶏と野菜の照り焼き風&冬瓜とひろうすの煮物

作り方の流れを時系列に沿って見ていくと、以下のような感じになります。

鶏肉の下ごしらえ

火の通り&下味のしみこみを良くするため、塊状の胸肉に切れ目を入れます。
パックから取り出した鶏胸肉 火の通り&味しみが良くなるよう、切れ目を入れる

そこに塩コショウ&料理酒をすりこみ、肉に下味をつけたら、しばらく置いておき、全体に味を馴染ませます。
切れ目を入れた鶏肉に塩コショウをふる 胸肉にお酒をかけているところ 下味をつけた鶏肉は、しばらく置いておく

煮物作り

鶏に味をしみこませている間に、煮物を作っちゃいましょう。用意するものは、冬瓜1/4個と、土生姜ひとかけら。
煮物の材料、冬瓜、生姜などを用意

冬瓜は、皮をむいて輪切りにした後、中の種を取って、ブロック状に。土生姜は、薄切りにした後、細切りに。
冬瓜は皮をむいて輪切りに さらに切ってブロック状にします

手鍋に合挽きミンチと生姜を入れて炒めます。ミンチは少し塊状になっていた方が食べやすいので、あまりほぐしすぎないようにします。(これポイント!)
鍋でミンチ&生姜を炒める

こういう煮物には、豚or鶏のミンチを使うとあっさり和風味になっていいらしいんですが、この時は無かったので、余り物の合挽きで。by母

味付けは、麺つゆ&砂糖を少々。
煮物の味付けは、麺つゆベースで、あと砂糖を少々 味見中

味見をして良さげなら、冬瓜&ひろうすを投入します。
冬瓜を投入 続いてひろうすも

照り焼き調理開始

煮物はあと煮込むだけなので、この間に照り焼きを。ニンニクをスライスして、フライパンで炒めます。
ニンニクを薄く切る 弱火で炒めて、ニンニクの香りを油に移す

ニンニクが色づいたら、一旦取り出しておきます。(このニンニクは最後のトッピングに使う。)
火が通ったニンニクは、フライパンから出しておく

塩コショウ&お酒で下味をつけておいた鶏胸肉は、表面を片栗粉でコーティング。焼いた時に旨味が逃げないようにね。
鶏胸肉に片栗粉をまぶしているところ

焼く時は、皮の方から。
鶏肉は皮の方から先に焼きます

ある程度火が通るまでしばし時間があるので、その間に付け合せの玉ねぎを切っときます。
照り焼きの付け合せに使う玉ねぎ

皮目のほうがこんがり焼けたら、鶏を裏返し、切っておいた玉ねぎを追加。
鶏を裏返したところに玉ねぎを投入

醤油&はちみつで味付けしたら、フタをして蒸し焼きに。
照り焼きの味付けは、醤油&はちみつ フタをして、焼けるまでしばし待つ

火が通ったら鶏だけを取り出し、玉ねぎ&汁が残っているフライパンに、残りの野菜(しめじ&ししとう)をイン!
鶏肉の中まで火が通ったら、お皿に取り出す 調味料&鶏エキスが入ったフライパンに、しめじを入れる 続いてししとうも

取り出した鶏胸肉は、食べやすい大きさに切り分け、お皿へ。
塊の鶏胸肉を一口大に切っているところ 切った胸肉はお皿へ盛り付け

最後に、上から付け合せの野菜を盛りつければ、「鶏と野菜の照り焼き風」の完成〜。
切った胸肉の上に、炒めた付け合せ野菜を乗せる 「鶏と野菜の照り焼き風」の完成

「冬瓜の煮物」関係のレシピは、こちらに動画版があります。

冬瓜と高野豆腐の煮物 Simmered "tougan" with "koya-dofu" recipe - YouTube

<<約250種、1万本のバラが咲き誇る「荒牧バラ公園」へ行ってきました。

ピザ&焼きビーフン&セロリの甘酢和え>>