ピザ風春巻きの作り方

今日は、ピザ風の春巻き作りに挑戦したいと思います。
春巻きの皮:5枚入り

使う食材は、セロリや玉ねぎ、ピーマン、トマト、ハムなど。
ピザ風春巻きに使う食材

セロリ&玉ねぎ&トマトは、具として皮の中に巻き込むので、巻きやすいサイズに切っておきます。 (玉ねぎは薄切り、セロリは小口切り、トマトはざく切りに。)

ピーマンとハムは後半のトッピングに使うので、具にする食材とは別にしておきます。 (ピーマンは輪切り、ハムは1/4のいちょう切りで。)

ピザ風春巻きの作り方

具作り

まず、皮の中に入れる具を作っていきます。

オリーブオイルを敷いたフライパンで、セロリと玉ねぎを炒めます。
セロリと玉ねぎを炒める

セロリと玉ねぎが少ししんなりしたところで、ざく切りにしたトマトを投入。水分を飛ばすような感じで炒めていきます。
フライパンの中にトマトを追加

ある程度炒まったら、塩コショウなどを加えて味付けします。私は風味付けにドライバジルを加えました。
春巻きの皮に巻き込む具

これで、皮に包む具は完成なので、火を止めて冷ましておきます。

皮包み

具が出来たら、次は皮への巻き込みです。冷ました具をあらかじめ分けておくと良いかと思います。 今回は5枚の皮を使うので、具も5等分しておきました。
5等分した春巻きの具

皮の手前側に具を置き、その上に皮をかぶせます。
自分側の角近くに具を乗せる 皮の角を持って持ち上げて… 具の上に皮をかぶせる

両端の角の部分を中へ折り込んだ後、その部分を巻き込みます。
皮両端の角を、中心に向かって折り込む クルっと回転させて、巻き込む

あとは、皮の先まで巻き込めば完成。
具を包んだ春巻き

普通の揚げ春巻きだと、ほどけてこないよう、巻き自体をもう少ししっかりして、 閉じ口も、水溶き片栗粉なんかでピチっと塞ぐんだけど、今回はオーブン使った「焼き春巻き」にするので、巻きはわりとテキトーです。

あと、上にハムやらピーマン、チーズなどをトッピングするので、そのスペース確保のために、巻きをちょいユルめにして、形を扁平型にしております。 しっかり巻いて棒状にしちゃうと、トッピング用の具が乗せられないからね^^;

トッピング

春巻きの上に乗せる具は、ハムとピーマンとチーズ。 一番下にイチョウ切りにしたハムを乗せ、その上に輪切りのピーマン、最後にとろけるチーズ(もしくはピザ用のシュレッドチーズなど)を乗せます。
まずハムを乗せて 次が輪切りのピーマン でもって、最後がチーズ

で、オーブンで焼いたものがこちら。最初に巻いたもの(右側)が、トッピングをあまり乗せられなかったので、 巻きをさらに緩くしてスペースを拡げた、左側バージョンのを作ってみたんだけど、中の具の水分が表面に出てきちゃった^^;
焼き上がったピザ風春巻き

具を炒める時に、もうちょいしっかりと水分を飛ばしておくべきでしたね〜。 それか、水分が多い具を使うときは、芋類やカボチャと一緒にするか。

蒸してマッシュしたジャガイモやサツマイモ、カボチャなんかと一緒に和えておけば、その辺はカバーできるような気がする。

あと、想定外だったのが、春巻きの皮が思ってた以上に焦げやすいこと。 角になってるところとか、端っこの部分は特に要注意。

味自体は美味しいんだけど、手間がかかるわりに実入りが少ないというか^^; これだったら、普通にピザはピザ、春巻きは春巻きとして別々に作った方がいいような気がする^^;
ピザ風春巻きの断面

ピザなんかは、スーパーのチルドコーナーに行けば、土台の生地が売ってたりするわけだし。 ピザ作るんだったら、それに具を乗っけてオーブンで焼いた方がよっぽど早い。

「手間かけずにっつーことなら、最初から具を全部、中に巻き込んじゃえばいいじゃん」という方もいらっしゃると思いますが、それは母がたまに作ってくれるんですよね。 中にチーズが入った「チーズイン焼き春巻き」っつーやつを。

私的には、中にチーズが入ってると、どうも乳臭いというか、あの独特の風味がちょっと気になるんですよね。

ピザに乗ってるような、焼き目つきのチーズは全然平気なので、 「だったら、春巻き&ピザのイイとこ取りメニューを作ればいいじゃん」と思って挑戦してみたんですが、 自分のイメージ通りの料理を作るのは、なかなか難しいっすね^^;

<<編集不要!撮ってすぐ見られるインターバル撮影専用機「レコロ」

約250種、1万本のバラが咲き誇る「荒牧バラ公園」へ行ってきました。>>