ロールケーキ好きが作るロールケーキはどんな味?

バレンタインチョコの作成に使った生クリームが結構余ったので、ロールケーキを作ることにしました。 数あるスイーツの中から、なぜロールケーキを選んだのか?理由は単純。ロールケーキが好きだからです。 (分かりやすっ!そのままやね^^;)

何を隠そう、我が家はロールケーキの購入率が高いのだ。(って別に威張るほどのことでもないか。) 普段は、スーパーの菓子パン売り場に置いてあるロールケーキを買うことが多いですね。 抹茶ロールとコーヒー味のモカロール、この2つのロールケーキは購入率がダントツで高いです。 我が家で食べる「定番おやつ」のうちの一つですな。シュー皮っぽい生地で生クリームを巻いた「シューロール」も、たまーに買うかな。

街のケーキ屋さんやデパ地下でもロールケーキをよく買います。 印象に残ってるのは、フルーツがたくさん入ったロールケーキや、和の素材を使ったロールケーキですね。 一番最近食べたのは堂島ロールだったかな。モンシュシュというお店のロールケーキです。 ふかふかのスポンジと、たっぷり入った生クリームが美味しかったなぁ。 ロールケーキはいろんな店で買ってるから、今すぐには思い出せないけど、とにかくたくさん買ってることは確かです。

我が家が、無類のロールケーキ好きだということは分かっていただけたでしょうか? え?そんなことどうでもいいから、早くロールケーキの作り方を教えろって? まあまあ、そう焦りなさんな。ロールケーキを選んだ理由はもう一つあんのよ。

それは、新たな材料を買い足す必要がないってこと。できれば面倒を避けて、お手軽に済ませたいやん? 家にある手近なもので間に合わせることができればお得やし。

ちと前置きが長くなりましたな。ほんならば、そろそろロールケーキを作るとしますか。

ロールケーキの作り方

生地編

最初にロールケーキの生地を作っていきます。後の作業のことも考えて、天板には前もってクッキングシートを敷いておきましょう。 天板の準備ができたら、3個分の卵白と、大さじ4.5杯分の砂糖、それに塩ひとつまみをボウルへ入れます。
ボウルに卵白と砂糖、塩少々を入れる

メレンゲ状になるよう、ハンドミキサーで攪拌します。
ボウルに入れた材料をハンドミキサーでかき混ぜる
角が立つくらいまでしっかりとかき混ぜます。少し固めぐらいのほうがいいかもしれません。
固めに泡立てたメレンゲ

メレンゲに卵黄を3個入れ、ハンドミキサーで軽く攪拌します。
メレンゲと3個分の卵黄
メレンゲと卵黄を馴染ませるようにしましょう。混ぜすぎにはご注意を。全体が満遍なく卵色になったら攪拌をやめます。
卵黄とメレンゲを混ぜたもの

ここらあたりでオーブンを予熱しておきましょう。生地を焼く温度は180℃です。

卵黄とメレンゲを合わせたボウルに、大さじ3杯分の小麦粉を入れます。小麦粉はなるべくふるっておいた方が良いかと思います。 (ダマができるのを防止するため。ふるった粉は、2〜3回に分けて入れるのがベスト。) 粉ふるいが見あたらなかったので、今回はザルでふるいました^^;

小麦粉を入れたら、ふっくら感を損なわないよう、サックリと混ぜます。 下からすくい上げるようにして混ぜるとうまくいきます。(ゴムへらを上手に使って。)
小麦粉を混ぜ込み、ロールケーキの生地を作る

小麦粉の粉っぽさが無くなったのを確認したら、生地を天板に流し込みます。
ロールケーキの生地を型に流し込む
ゴムべらで表面をならしながら、天板全体に生地を広げます。焼きムラを防ぐため、生地の厚みはなるべく均一に整えておきます。
天板に広げたロールケーキの生地

軽く打ちつけたり、全体を少しゆするようにすると、生地内にある空気が抜けてイイ具合になるかもしれません。 (私はそこまで気使ってないので、確証はありまへん^^;) 空気を抜きすぎると生地が膨らまなかったりするんかしら?うーん、初めて作るからようワカラン。余裕がある人は試してみて下さい。

予熱したおいたオーブンで生地を焼きます。
生地をオーブンに入れる
オーブンの温度設定は180℃。上火と下火は両方ONにしてあります。焼成時間は10分程度だったと思います。 オーブンは機種によって「クセ」みたいなのがあると思うので、初めて作る時はマメに様子を見た方がいいかも。

表面がうっすらとキツネ色になったら、スポンジをオーブンから取り出します。卵の焼けた香りがタマラン。
焼き上がったロールケーキの生地
オーブンの奥に位置していた部分がよく焼けてますね。焼き色が一番濃いです。 天板の縁に近い部分は、まだ少しばかり黄色い部分が残ってます。 けっこう頻繁に開け閉めしたから、手前と奥がちょっとムラになっちゃいました^^;

焼き上がったスポンジをクッキングシートごと持ち上げ、天板から取り外します。 粗熱がとれたら、スポンジを裏返してシートをはがします。焼きたてのスポンジはふかふかで〜す。
シートをはがした直後のスポンジ
クッキングシートはロールケーキを巻く時に必要なので、スポンジの下へ敷いたままにしておきます。

クリーム編

ロールケーキの中に巻き込むクリームを作ります。ボウルに生クリームと大さじ1杯分の砂糖を入れます。 生クリームは量ってないけど、パックに半分ほど残ってたから、たぶん100ccぐらいやろうか…。(適当やな〜^^;) 香り付けにブランデーを入れます。今日入れるのはヘネシー。(ちょっとリッチ気分?)
ロールケーキ用のクリームを作る

ハンドミキサーを使って生クリームをホイップします。
生クリームを泡立てる
ロールケーキの中に巻き込んだ時、横からはみ出るとマズイかなと思ったので、クリームは固めに泡立てました。
ホイップした生クリーム

ロールケーキを巻く

クリームが出来た頃にはスポンジも冷めていると思うので、上にクリームを塗っていきます。
スポンジ上にクリームを塗る
クリームを塗る時は、巻き始めとなる手前側を厚めに、巻き終わりの奥側は薄めに、というのが良いそうな。 (画像じゃ分かりにくいですけど…。)
クリームを塗り終わったスポンジ

今回はバナナを一本巻き込んだ、「丸ごとバナナ風ロールケーキ」にしたいと思います。 (オイオイ、ロールケーキ作るの初めてなのに、バナナなんて巻いて大丈夫か?^^;) 巻き始めとなる手前側にバナナを乗せます。バナナは、巻きやすいように形を整えておきましょう。
ロールケーキの生地にバナナを乗せる

スポンジの下に敷いたクッキングシートを「巻き簾」がわりにするような感じで、ロールケーキを巻いていきます。 (巻き簾:まきす=太巻き寿司を作る時に使う「すだれ」みたいな道具のこと。) バナナが太くてちょっと手こずりましたが、なんとか巻き終わりました。
巻き終わったロールケーキ

巻き上がったロールケーキは、全長が約20cm、直径が約6cmでした。(デカっ!) バナナを入れたことにより全体が太くなってしまい、スポンジのところどころが割れてしまってます(T_T)うーん残念。 次回作るときは、もう少し上手く巻けるようにせんといかんなぁ。

巻き終わりになる部分のスポンジを斜めにカットしておくと、安定感や見栄えが良くなるらしいんですが、 結構アップアップしながら作ってたので、そこまで頭が回りませんでした。

また、焼きたてのスポンジが予想以上に膨らんでいて、「こんなに分厚いもんホンマに巻けるかしら?」と、かなり不安でしたが、 冷めるとそこそこの厚さに落ち着いたので、なんとか最後まで仕上げることが出来ました。

出来たてのロールケーキを今すぐにでも食べたいところですが、そこはグッと我慢を。 完成したロールケーキは、巻きに使ったクッキングシートと新しいラップを使って包み、しばらく冷蔵庫へ入れておきます。 全体の形を定着させるためです。
シートとラップで包んだロールケーキ

小一時間ほど寝かせたロールケーキを切ってみます。ドキドキ…中はどないなってるんやろか。
ロールケーキの断面
おお〜、ちゃんとロールケーキになっとるやん。バナナが大きすぎて渦巻状にはなってないけどね^^; まあでも、丸ごとバナナって感じが出ててエエんやないの?

ロールケーキを食べてみる

それでは、自作のロールケーキをいただいてみますか。少々長めにカットしてみました。
自作のロールケーキ
手前にあるチョコレートは、母親が作ったコーヒー味の生チョコです。 トリュフ風に丸めたものと、ビスケットにトッピングしたもの、それぞれ一つずつ。 ロールケーキの巻き込み用に作った生クリームがほんの少しだけ余ったので、チョコの上に乗っけてみました。

ロールケーキのスポンジは「しっとり感」があり、なんか若干モッチリとしてます。 「しっとり」は分からんでもないけど、この微妙な「モッチリ感」はどこから来たんやろ? 生地の空気をあんまり抜いてないからか、スポンジのキメがちと粗いですな。 世間一般で売られているようなロールケーキのスポンジとは明らかに違う気がするけど、美味しいから良しとしましょう^^;

ロールケーキに巻き込んであるクリームはエエ感じです。 ブランデーの風味がちゃんとついてるし、甘さも良い具合に仕上がってます。 もうちょっと抑えた甘さでもイケそう。欲を言えば、ふんわり加減が少し足らんかな。 私は固めのクリームが好きやから、これでも十分満足です。

ロールケーキを冷蔵庫で2日ほど寝かせて、バナナの熟成が少し進んだ頃に食べると、また違った味わいが楽しめるかも。 ロールケーキはまだまだ余ってるから、あと2日ぐらいは余裕で持つね。明後日ぐらいにどうなってるか楽しみやわ〜。 より一層美味しくなってたらええな〜。

このロールケーキは偶然にも、母が作ったコーヒー風味の生チョコと非常に相性が良いです。 コーヒーのビターテイストと、ロールケーキの優しい甘さが絶妙なハーモニーを醸し出すのですわ。

ロールケーキ作りって面白いですね。また機会があれば作ってみようかな。今度ロールケーキを作る時は、違う味に挑戦するかも。

丸ごとバナナ風ロールケーキのレシピ

材料

道具(主要な物のみを記載しています)

<<餃子を作ろう。

さんまの開きを使って作った秋刀魚寿司。>>