手作りキット「タイカレー グリーン」

暑さを吹き飛ばすような辛いものが食べたくなったので、タイカレーのキットを買ってきました。 無印良品で、税込み294円なり。辛さは、5段階表示の最大、5です。
無印の手作りキットシリーズ:タイカレーグリーン

作り方とレシピ(3〜4人前)

材料(手作りキットの中に入っているもの)
自分で用意する材料

1.ココナッツミルクを作る。

手作りキットの中に入っているココナッツパウダーを、400〜450ccのお湯で溶かします。
ココナッツミルク

ココナッツミルクの実物って、こんな感じなんですね〜。せっかくなので、ちょこっと味見を…。 あ〜、ココナッツ特有の甘〜い香りはするけど、味自体はそんなに甘くないんですね。 見た目の色とか、飲んだときの風味は、確かにミルクっぽい。本物の牛乳をちょっと薄めたような、そんな感じっす。

2.肉や野菜などの具材を炒める。

熱した鍋にサラダ油を敷き、お肉を炒めます。 手作りキットのレシピには「鶏モモ肉」と書いてありますが、無ければ別に他のお肉でも良いかと思います。 私は、鶏肉の代わりに豚肉を入れました。

お肉に軽く火が通ったら、お好みの野菜を入れてさらに炒めます。 私は、ぶつ切りにしたオクラ4本と、半分に切ったプチトマト3個、裂いたシメジ半株を入れました。 手作りキットのレシピ通りに作りたい方は、入れる野菜を「一口サイズに切った水煮筍100g」と 「シメジ一株(食べやすい大きさに裂いたもの100〜120g)」にしてくらはい。
鍋でお肉と野菜を炒める

3.グリーンカレーのペーストを入れて煮込む。

具が入った鍋に、グリーンカレーのペーストとココナッツミルクを入れ、一煮立ちさせます。 鍋の中が煮立ってきたら、砂糖とカフェアライムリーフを加え、中火で約10分ほど煮込みます。
グリーンカレー煮込み中

いつも食べてる固形ルータイプのカレーとは、ずいぶん趣が違いますね〜。小麦粉入ってないから、汁がサラサラっす。 スープカレーみたい。

4.仕上げ

最後に加える調味料はフィッシュソース。入れてから軽くかき混ぜれば、タイカレーの完成で〜す。 横に写ってるドリンクは、煮込み時間の間に作った、バナナミルクジュース(セロリ入り)っす。
手作りキットで作ったグリーンのタイカレー

おまけ:セロリ入りバナナミルクジュースの作り方

煮込み時間10分の間にちゃちゃっと作ったバナナジュースのレシピも、せっかくなので載せときます。

材料

※バナナとセロリは、ミキサーにかけやすいよう、小さく切っておく。

作り方は簡単。ミキサーに材料を全て入れ、フタをしたらスイッチオ〜ン。あとはひたすら混ぜるだけっす。 冷たいのがお好きな方は氷多めで、ミルキーなのが好きな方は牛乳多めで作っておくんなまし。
バナナミルクジュースの材料をミキサーに入れる 完成したバナナミルク風味のミックスジュース

手作りキットで作ったタイカレーを食べてみた。

パッケージに書いてある辛さの目安が、トウガラシ5つの激辛表示だったから、メチャ辛いのを想像してたけど、そうでもないっすね。 ベースのココナッツミルクが結構入ってるから、それでだいぶ辛さが中和されてるんだろうなぁ。

このココナッツミルク、かなりいい仕事してますよ〜。このコクはクセになるわ〜。 ココナッツを入れることで、カレーの辛さに奥行きとか深みがプラスされるんですな。

カレーにココナッツを入れる理由が、今回作ってみて、なんか分かった気がする。 こういうことって、カレーのことをよく知ってる人には常識なのかもしんないけど、私にとっては新たな発見ですわ〜。 今回の、このタイカレー作り、ちょっと勉強になったなぁ。

食べた途端にガツンとくる「激辛」もいいけど、こういうクセになる「ウマ辛」もエエな〜。 辛いもの好きの方は、一度お試しあれ。

ジュースの方は…

即興で作ったバナナミックスジュースの方は、完熟バナナがめっちゃ甘くて美味し〜い。 この辛いタイカレーとも相性バツグンっす。 辛口カレーは苦手…という方でも、このジュース飲みながらだったら、食べれるんちゃうかな〜。

でも、セロリの味は全然しな〜い^^;不味かったらイヤやなと思い、入れる量をちびっとにしたからやな。 よし、次作る時はビビらず、もっとたくさん入れてみよう。

<<パソコンのプリンタを分解してみました。

ふせん切り絵に挑戦してみた。>>