そら豆入りのガーリックマスタード炒め

今日は、ガーリックとマスタードで味付けした炒め物を作ってみました。 材料は、夕飯の残りの冷しゃぶサラダと、淡路島産のそら豆っす。
野菜と豚肉のガーリックマスタード炒め

水菜・豚肉・そら豆のガーリックマスタード炒め

材料
作り方

1.フライパンでお湯をわかし、そこにそら豆を入れる。(茹で時間:約2分)
そらまめを茹でる

2.茹であがったそら豆をフライパンから取り出し、薄皮をむく。 そら豆の薄皮は、茶色い筋目がある方の反対側に切れ目を入れると、簡単にむけます。

切れ目がある方を上にして持ち、下から押し出してみましょう。 すると、中から身だけがプリっと出てきます。押し出す時のこの感覚が、なんかともいえず気持ち良くて楽しいっすな〜。 身を崩さずキレイに取り出せると、「やった〜」っつー気分になります。
そらまめの薄皮に切れ目を入れる 下から押し出すと身が出てくる

3.フライパンのお湯を捨て、そこにオリーブオイルを入れます。 ガス火を中火にして、油が温まったら、そこに刻んだニンニクを入れて炒めます。
フライパンで刻みガーリックを炒める

4.ニンニクの香りが出てきたら、そら豆と冷しゃぶサラダを追加してさらに炒めます。

5.水菜がしんなりしてきたら、塩コショウとマスタードで味付けをします。
味付け前の具材

マスタードは、納豆とか肉まんについてる小袋タイプのものがたくさん残ってたので、これを使いました。
小袋に入ったマスタードソース

マスタードの量がちと足らなかったようで、味が薄めになっちまいましたが、それなりの感じにはなりました。 味付けがアバウトでも何とかなるもんですな^^;

<<大阪駅の癒しスポット巡り

イオン伊丹昆陽店に行ってきました。>>