サイノメ:食の話題

金柑の甘露煮レシピ Candied kumquat recipe

大粒の金柑で甘露煮を作ってみました。金柑自体の風味が味わえるよう、甘さ控えめに作ってあります。(Today's homemade sweets is Candied kumquat. The instructions are simple and easy. The flavor of kumquat is good.)

牛乳寒天ゼリー(ゴールドキウイ入り):作り方 Milk kanten jello with gold kiwifruit recipe

暖かくなってくると食べたくなるデザート、牛乳寒天。今年の初モノは、ゴールドキウイを入れて作ってみました。(Get warmer, I crave a Milk kanten jello. I cooked Milk kanten with gold kiwifruit first time this year.)

いよかんのむき方(ムッキーちゃんを使えば超簡単!) How to peel Iyokan with "Mukkichan" (citrus peeler)

いよかん、はっさく、甘夏など、皮の硬い柑橘類を手軽にむけるムッキーちゃん。これがあれば、包丁を使わなくても簡単に皮がむけますよ。(Iyokan is Japanese citrus. It's easy to peel Iyokan if you use the Mukkichan.)

パイナップルの切り方(ブロックカット) How to peel the pineapple (Bite-sized pieces)

パイナップルって、見た目が硬そうで切るのが大変そう…というイメージですが、 意外と簡単にカットすることができるんです。生のパインは、甘みと酸味のバランスが絶妙で、一度食べ始めると、手が止まらなくなる美味しさですよ!(Peel the pineapple, it seems difficult, but it's actually easy. Fresh pineapple is good enough to make you want more!)

みかん入り牛乳寒天ゼリーの作り方 Milk kanten jello with Satsuma recipe

牛乳寒天で作ったゼリーに温室みかんを入れてみました。牛乳寒天の自然な甘みに、みかんの爽やかな酸味がよくマッチして美味しいですよ。(Today's homemade dessert is Milk kanten jello with Satsuma. Milk kanten goes well with Satsuma.)

さつまいもの美味しい焼き方 How to bake a sweet potato

食べやすい大きさに切ったサツマイモをホイルで包み、水を入れ、オーブンで焼くだけ。 水を、気持ち多めに入れておくと、ほっこり甘く仕上がります。(Cut the sweet potato into easy-to-eat pieces, and cover with aluminum foil, and add a water. Then bake in a oven. When the water added extra, potato was sweetened.)

手がべたつかない桃のむき方 How to peel the peach (non-sticky)

桃を上手にむくポイントは、皮を最後の最後まで残しておくこと。そうすると、実を直接触らずに済むので、手がベタベタになりません。(Tips:peel the skin of peach at the end. So, avoid direct contact with flesh of peach. Non-sticky.)

きな粉入り牛乳寒天 Milk kanten with kinako recipe

前回に引き続き、今回も寒天デザート。今回は牛乳で煮溶かして、きな粉を加えてみました。(The second wave of kanten dessert. Use the milk and kinako at this recipe.)

スポーツドリンク入り寒天ゼリー Kanten jello with isotonic drink recipe

寒天&スポーツ系ドリンクを使ったヘルシーデザート。手順はとても簡単。 寒天をドリンクで煮溶かし、型に入れて固めるだけ!(A healthy dessert using kanten and isotonic drink. The instructions are very easy. Heat the isotonic drink and kanten in a pot. Then pour into a mold and set.)

バターケーキの作り方(ベーキングパウダー不使用) Butter cake without baking powder recipe

マーガリン、卵、小麦粉など、材料をほぼ同量混ぜ合わせるパウンドケーキ方式です。ただ、砂糖だけはちょい少なめ(甘さ控えめにしたかったので^^;)にしました。バターと卵を分離させないように混ぜ合わせるところがポイントです。

卯の花の菜の花和え "Unohana" with canola flower recipe

タイトルに「の」ばかりが並んでいて読みにくい(^^;)ですが、「卯の花」に、ゆでた菜の花を和えたレシピです。卯の花は、お惣菜のものを使うので、作るのも簡単です。

チンゲン菜と鶏肉の和風炒め Pan-fried bok-choy and chicken recipe

チンゲン菜や鶏肉、椎茸などを使った炒め物。味付けは、お酒と醤油とハチミツ。仕上げには、水溶き片栗粉でとろみをつけています。一口大の鶏肉を入れているので、食べ応えもありますよ。

ローストビーフのサラダ Vegetable salad with roast beef recipe

作り方は、めちゃ簡単。市販のベビーリーフ&カットサラダをお皿に敷き、あとはアボカド、ローストビーフ、トマトを盛りつけるだけ。火も使わず、すぐ作れる簡単ラクうまレシピです。

スナップエンドウと紅生姜のサラダ Snap pea and red pickled ginger salad recipe

スナップエンドウと紅生姜以外の材料は、ブロッコリーやツナ、レトルトコーンなど。スナップエンドウをゆでるところ以外は火を使わないので、ササっと作れますよ。

もやしと練り物とセロリの甘酢和え Bean sprouts, fish cakes, and celery dressed with sweet vinegar recipe

材料は、かまぼこや、ミニセロリ、もやしなど。味付けは、砂糖と酢が大さじ2杯ずつ。 あと、香り付けに、醤油と煎りゴマも入ってます。(Ingredients are kamaboko, celery, bean sprouts, etc…. Seasonings are sugar and vinegar. A dash of soy sauce, and sesame seeds, for flavor.)

ジャガイモとトマトのサラダ Potato and tomato salad recipe

ほっこりしたジャガイモと、フレッシュなトマト、両方の違った食感が一度に楽しめるからイイですね。サラダに混ぜ込んだツナもいい仕事してます。(We can enjoy two different textures at once, "sauted potato" and "fresh tomato". The taste of tuna also good!)

かまぼことセロリの甘酢和え Kamaboko and celery dressed with sweet vinegar recipe

セロリのシャキっとした食感がいいですね。甘酢とも相性よく、美味しいです。(Crispy touch of celery is good! It goes well with sweet vinegar. It's tasty.)

スモークサーモンの甘酢みぞれ和え(柚子風味) Smoked salmon with grated daikon radish and sweet vinegar (flavored "yuzu citrus") recipe

サーモンに大根おろしを和えると喉越し良く食べられますね。味付けを甘酢にすることで、サーモンの風味がより引き立ってるような気がします。すりおろした柚子の香りも、後味爽やかでエエ感じっす。 (This dish goes down well. I think that the seasoning of sweet vinegar brings out the flavor of smoked salmon. The aroma of grated yuzu rind has a fresh finish. It's nice!)

ちらし寿司(菜の花入り) Chirashi-Zushi(Scattered sushi)with canola flower recipe

ちらし寿司って、「素」を混ぜ込んでベースを作っておいて、そこに旬の野菜とか自分の好きな具を加えるようにすると、簡単・手軽にできてイイですよ。(Chirashi-Zushi is easy to make with the use of "seasoning mix for sushi". You can use whatever you like as toppings, as long as they complement the flavor of sushi rice.)

粕汁の作り方 Soup with sake lees recipe

人参や、大根、蓮根などなど、具がたくさん入っていて食べ応え満点。おかずにもなる温かいスープです。(This soup made with a generous amount of ingredients. It's filling. This is a hearty soup that can be served as a main dish.)

牡蠣の柚子味噌炒め Fried oysters with "yuzu citron" and miso recipe

牡蠣と柚子の組み合わせというのは、冬ならではですね〜。味噌のコクがきいてて美味しいです。(A combination of oyster and yuzu is special to winter. It goes well with miso. It's nice!)

ちくわとピーマンのおかか和え(ポン酢風味) Chikuwa and green pepper with dried bonito flakes (flavored ponzu sauce)

ちくわの旨味&塩気と、ピーマンのほのかな苦みが相性良く、美味しいです。ポン酢とかつお節で和えているので、さっぱりいたただけますよ。(A flavor and salty taste of chikuwa go well with a faint bitterness of green pepper. It's nice! It's easy-to-eat taste, so ponzu sauce and dried bonito flakes based seasonings.)

鶏の照り焼き(マイルド風味) Teriyaki chicken(mild taste) recipe

お肉を塊のまま焼くことの利点は、極端な焼き縮みを抑えられること。厚みがしっかり残っているので、食べ応えバツグンです!(Cooking the fillet whole prevent from shrinking. Fillet thickness still remaining, so it's filling and good!)

豆腐とサバ缶のナゲット Tofu and canned mackerel nuggets recipe

外はカリッと、中はふっくら、な食感がイイ感じ。野菜と魚が両方入ってるので、栄養もバッチリです。(These nuggets are crisp on the outside, and soft in the inside. It's nice. They are made from vegetables and fish, very nutritious.)

ブロッコリーの茎とぶなしめじの味噌汁 Miso soup with stem of broccoli and "buna shimeji mushroom" recipe

ブロッコリーの茎って、皮はかなり硬いんですが、中はわりと瑞々しいので、こういうふうにお味噌汁に入れると美味しいですよ。うちでは、味噌汁だけでなく、炒め物に入れたりもします。(The rind of broccoli is hard, but the inside of it is fresh. We often use it as an ingredient in miso soup, it's good. Not only miso soup but also we use it in fried-dishes.)

玉ネギとぶなしめじのピザ Onion and "buna shimeji mushroom" pizza recipe

焼けたチーズに具がよく絡んで美味しいですね。手軽に作れるのでオススメですよ。(Toasted cheese and ingredients are tasty. Can make easily, I recommend it.)

キノコと薄揚げとワカメの味噌汁 Miso soup with mushrooms, deep-fried tofu, and wakame seaweed recipe

椎茸の軸って、焼いたり炒めたりすると硬くなって食べづらいですが、こういうふうにほぐしてお味噌汁に入れると、食べやすくなるのでイイですよ。(When the shiitake stem was grilled or fried, becomes hard and difficult to eat. But divide into pieces and add the soup, easy to eat. It's good!)

豆腐とネギのそぼろ炒め Fried tofu and japanese long onion with ground meat recipe

ネギの香味と合挽き肉の旨味がよく合っていて美味しい〜。甘辛味でご飯もよく進みます。(A flavor of the japanese long onion goes well with the ground meat. Salty-sweet taste is nice! I have a good appetite.)

豚しゃぶ鍋 Hot pot with pork and vegetables recipe

寒くなってくると鍋物が暖まりますな。具もたくさんで美味しいです。(Japanese hot pots are comforting and warming in the winter. This hot pot has full of ingredients. It's nice!)

豚トロと野菜の炒め物 Pan-fried fatty pork and vegetables recipe

豚トロは、脂の乗った味と、コリッとした歯応えがイイですよね。豚トロ自体に下味がついているので、味付けの手間もいらず、ご飯のおかずにもピッタリです。(Fatty taste and crunchy texture of this pork is nice. It' easy to cook without seasoning, because pork was seasoned. This dish goes well with white steamed rice.)

豆腐と白ネギとエリンギの炒めもの Braised tofu, japanese leeks, and eryngii mushrooms recipe

醤油と砂糖をきかせた甘辛味が、淡白な豆腐とよく合っていて美味しいです。 Salty-sweet taste (made of soy sauce and sugar) goes well with the firm tofu. It's good!

豆腐の黄金焼き Golden fried tofu with spring onion recipe

水切りした木綿豆腐を焼きつつ、溶き卵を絡めた一品。あっさり優しい味わいが特徴です。麺つゆをかけていただくと美味しいですよ。 (Pan-fry the drained tofu, and pour the beaten eggs. Light seasoning of this dish is good! It goes well with "mentsuyu".)

ブリの簡単照り焼き Grilled yellowtail with teriyaki sauce recipe

この照り焼きのタレは、醤油とみりんを合わせるだけなので作るのも簡単。ほんのり香る醤油の焼けた風味と、みりんの照りがGoodです。(This teriyaki sauce is easy to make, because mix the soy sauce and mirin only. Soy sauce gives a slightly scorched aroma, mirin gives a glossy finish to the fish. It's nice!)

ジャガイモのチヂミ Korean pancake with potato recipe

しっかり焼いたジャガイモの生地が香ばしくて美味しいです。キムチ&七味入りですが、辛味はそんな強くないので食べやすいですよ。 (The aroma of browned potato is good! This pancake seasoned with "kimchi" and "shichimi", but not so hot. It's easy-to-eat taste.)

カボチャと味付き昆布の煮物 Simmered kabocha squash with seasoned konbu kelp recipe

味付き昆布には、醤油ベースの味がわりとしっかりついているので、煮物の方も、煮汁が醤油風味になっとります。ごはんにもよく合いますよ。(The flavor of seasoned konbu kelp will fully come out. The broth is soy sauce taste. It goes well with white steamed rice.)

手巻き寿司の作り方 Do-It-Yourself sushi rolls (hand-rolled sushi) recipe

刺身は、今回のようなマグロ、イカなどを使うのが定番ですが、好みの魚があればそれで全然かまいません。魚にこだわらず、ハムやソーセージを巻いても美味しいですよ。(Standard fillings are tuna, squid, and etc…, but you can use whatever you like as fillings. Ham and sausage are even good.)

フレッシュ野菜サラダ(かまぼこ添え) Fresh vegetable salad with "kamaboko (= fish cake)" recipe

かまぼこの適度な塩気と旨味が、生野菜によく合っていて美味しいです。わさびのピリッとした辛みも、いいアクセントになってます。(Salty and rich taste of kamaboko goes well with fresh vegetables. It's nice! The Sharp taste of wasabi accentuates this dish.)

ホイコーロー風、肉野菜炒め Stir-fried beef and vegetables with sweetened soy sauce recipe

とろみのついたタレが具によく絡んで美味しいです。ご飯にピッタリの一品ですよ。(Beef and vegetables coated with thick sauce. It's good! This dish goes well with white steamed rice.)

豚テキ(長芋&アスパラ&ししとう添え) Pork steak with yam, shishito, and asparagus recipe

厚みのあるトンカツ用豚肉を大ぶりに切ってるので、食べ応えバツグン!脂の乗ったジューシーな肉質&適度な歯応えで美味しかったです。(This pork steak is thick and filling. Fatty meat and moderate texture, it's yum.)

鯛の煮付け Simmered sea bream recipe

甘辛の煮汁に浸った鯛が、柔らかくて美味しいです。濃い目の味付けで、白いご飯にもよく合います。(Salty-sweet sea bream is soft texture and yummy! Rich taste, and it goes well with white steamed rice.)

ゴーヤと玉ネギとコーンのチヂミ風 Korean pancake-style with bitter gourd, onion, and corn recipe

生地のよく焼けたところがカリッとしていて美味しい一品。ゴーヤの苦みがわりと強めで、一口目は結構ガツンときますが、食べ進めていくと、これが不思議と後引く美味さに感じられて、箸が止まらなくなります。 (Well-browned batter is crispy. That's delicious. The bitterness of the gourds is strong, but so good that I cannot help wanting more. I have a good appetite.)

大根とキュウリとカニかまの甘酢和え Daikon, cucumber, and kanikama dressed with sweet vinegar recipe

この甘酢和え、甘酸っぱさがちょうどよく、箸休めにピッタリ。我が家の定番おかずの一つで、何度食べても飽きない美味しさです。(This side dish, sweet-sour flavor is just good. This is one of the most popular and standard dish in our family. I can't get enough of the dish no matter how many times I eat it.)

キュウリとワカメとじゃこの甘酢和え Cucumber, wakame seaweed, and "chirimen-jako" dressed with sweet vinegar recipe

生ワカメならではの「しこしこした食感」がイイっすね。キュウリ、甘酢、ちりめんとの相性もバッチリで美味しいです。(The chewy texture of fresh wakame seaweed is good. They are excellent with cucumbers, sweet vinegar, and chirimen-jako. It's delicious.)

アスパラ、ナス、オクラの豚バラ巻き Asparagus, eggplant, and gumbo wrapped with sliced pork belly recipe

肉巻きって、中に巻く野菜によって味わいも異なってくるから面白いですよね。アスパラは旨みとコク、ナスはジューシー、オクラは噛み応え、という感じでした。(The taste of wrapped dishes are vary by changing the vegetables. Heated asparagus is more tasty. Eggplant became juicy by absorbing the fat. Gumbo is chewy.)

豆腐と牛肉のプルコギ風炒め Fried tofu and beef with "bulgogi" sauce recipe

人生初の「プルコギ味」を体験。味の方向性としては、「焼肉のタレ」が近いっすね。普段慣れ親しんでいる和風味とはまた違ったテイストで美味しかったです。 (This is the first time I've had "bulgogi" taste. This flavor is similar to "Japanese yakiniku sauce". This "bulgogi" taste has a different flavor than Japanese-style taste. It was good.)

簡単で美味。おやつ&朝食にも!シナモン香る『りんごピザ』 Apple pizza with cinnamon sugar recipe

市販のピザ生地にスライスしたリンゴを乗せ、オーブンで焼くだけの簡単メニュー。味付けは、シナモンシュガーとバターとハチミツです。(Arrange the sliced apples on the pizza crust, and bake in an oven. It's easy sweet. Flavor is cinnamon sugar, butter, and honey.)

コーン入りポテトコロッケ Corn and potato croquettes

コロッケはやっぱ、自家製の揚げたてが美味しいっすね。たっぷり入ったコーンが嬉しい一品です。(Just deep-fried croquettes are delicious. Corn taste is joyful.)

長芋ステーキと、アスパラの豚バラ巻き

アスパラのようなコク&旨みのある野菜って、こういう肉巻きにするとより風味が立って美味しくなりますね。香ばしく焼き上げた豚バラとも相性良しです。

『鶏の照り煮(ハチミツレモン風味)』の作り方

ハチミツとレモンに漬け込んだ後、酒・砂糖・醤油で煮ているから、味がまろやか〜。お肉も柔らかくて美味しいですよ〜。

生姜焼き用の豚肉が、野菜に程よい旨みをプラスしてくれる『ナス、豚肉、大葉、トマトの4層サラダ(梅風味)』

スライスしてレンジ加熱した茄子の上に、焼いた豚肉と大葉とトマトを乗せたサラダ。豚肉の上にちょこっと塗った「自家製梅肉ソース」が、味のアクセントになってて美味しいです。見た目が「オサレな前菜風」になってるところもエエ感じ〜。

「中身がほぼ肉」のガッツリ仕様『大葉の肉巻き』&「肉巻きといえば…」な定番系『アスパラの豚バラ巻き』

大葉の肉巻きは、生姜焼き用の豚肉に大葉を巻き込んだ一品。生姜焼き用の豚肉を一枚丸ごと巻いてあるので、結構贅沢な仕上がりになってます。アスパラの方は、スライスの豚バラ肉を巻きつけた、定番の一品。バラ肉の脂が、アスパラにほど良く馴染んでいて美味いっす。

キャベツもいいけど、白菜で巻くのもアリやね。『ロール白菜』

豚ミンチで作った肉ダネを、白菜で巻き巻きして「ロール白菜」を作ってみました。味付けは、麺つゆベースの和風味で、一緒に煮込む付け合せはぶなしめじ。「ロール〜」といえば定番のキャベツですが、こういう和風テイストのアレンジも、ちょっと目新しい感じがしていいものですね。

4品目の野菜がゴロっと入って、食べ応えあり。『ブロッコリーと長芋とアボカドのサラダ』

今日の一品はサラダ。市販のパックサラダにツナを混ぜ、上にブロッコリーやアボカドなどをトッピングして作りました。大きめにカットしたブロッコリーが、食べ応えアリで美味しいですよ。

しゃぶしゃぶした豚肉がさっぱりしててウマ〜『水菜とカイワレ大根の冷しゃぶサラダ』

生野菜とゆでた豚肉を組み合わせた冷しゃぶサラダ。野菜は、市販のカットサラダと水菜とカイワレ大根、肉はしゃぶしゃぶ用の薄切りを使用。野菜とお肉、どちらもガッツリ食べたい!という時にピッタリのサラダです。

塩もみした大根のしんなり具合がイイ感じ。『大根とハムとキュウリの甘酢和え』

最近、よく食卓に上る甘酢和え。今日の具は、大根とロースハムとキュウリ。全て千切りにして、大根は塩もみ、残りは生のまま混ぜ合わせました。仕上げにかけたゴマの風味が、香ばしくて美味しいですよ。

甘辛で香ばしいそぼろ炒めが、シャキシャキレタスによく合う〜『牛そぼろのレタス包み』

牛そぼろは、炒めたミンチに、揚げた春雨と松の実を加えた中華風仕立て。味付けは、砂糖、醤油、甜麺醤などを絡めてあります。甘辛味の香ばしいそぼろは、新鮮なレタスと相性抜群。ごはんのおかずにもピッタリですよ。

切って焼くだけ!超シンプル!しかも、ウマい!『厚揚げとししとうのおかか盛り』

厚揚げを使った料理というと、炒め物や煮物など色々ありますが、私にとってはこれが本命。「厚揚げを切って焼くだけ」というシンプルなレシピですが、これがかなりイケる。皮がカリッとするくらいまでよく焼き、ポン酢&かつお節をかけて食べれば、メチャウマですよ。

アボカド+鮪の赤身で、お手軽トロ風味『アボカドまぐろのサラダ』

マグロの赤身にアボカドを添えて、サラダ仕立てにしてみました。アボカドって、うちでは生野菜のサラダに入れることが多いんですが、こういう魚介系の食材にもよく合いますね。お手軽・リーズナブルにトロ風味を味わえて、お得な気分〜。

彩り良し、味良し、腹持ち良し。三拍子揃った『ペンネとアボカドとトマトの卵和えサラダ』

この日の一品は、ペンネと野菜とハムが入った卵和えサラダ。こういうショートパスタ入りのサラダは、食べ応えがあり、なおかつ腹持ちも良いので結構好きです。卵のコクと、ハムの塩気がきいてるので、そんなに味付けしなくてもモリモリ食べられます。

ソースは梅干し+砂糖+牛乳の自家製『長芋とししとうの梅肉ソース添え』

この日の晩ごはんのメインは、長芋のステーキと、焼いたししとうでした。添えた梅肉ソースは自家製。ばーちゃんから貰った梅干しをペーストにし、それに砂糖と牛乳を加えて作りました。梅干し特有の尖った酸味は、砂糖と牛乳によって抑えられているので、食べやすいですよ。

カットサラダと大根サラダを使ってボリューム大!『冷しゃぶサラダ』

市販のサラダを2種類使った、食べ応えアリの冷しゃぶサラダ。豚肉をしゃぶしゃぶしてサラダと和えるだけなので、作り方も超カンタン。生野菜ならではの、シャキッとした食感が楽しめる一品です。

ゴロゴロ入ったじゃがいもと、具・味の絡みを良くする糸コンニャクがポイント。『肉じゃが』

肉じゃがといえば、もちろんジャガイモが主役なんですが、糸コンニャクも実はイイ仕事してるんですよね〜。これがあることで、具材同士の絡みが良くなるし、味もよくしみる。地味で目立ちにくい存在ですが、果たしている役割は結構大きいっす。

手近な野菜とケチャップでササっと作れて、しかも美味しい『ナポリタン風パスタ』

野菜は、新玉ねぎとシメジとピーマン。お肉は、豚バラのスライス。炒めてケチャップで味付けし、ゆでたパスタを絡めれば出来上がり。お手軽カンタンに作れて、しかも美味しい「おふくろの味」です。

イクラの弾ける食感と、イカのほどよい歯応えがGood!『イカとイクラのパスタ』

パスタ以外の食材は、生か、既に加熱済のものばかりなので、作るのも簡単、かつスピーディー。旨みたっぷりのイカ&イクラに、大葉&カイワレの香味がきいててウマ〜。フレッシュな食味で、ツルツルっと食べられます。

脂身少なく、ヘルシーな肉巻き。『ゴボウとニンジンの鶏胸肉巻き』

肉巻きというと、牛肉の薄切りなんかを使うことが多いんですが、今回は鶏の胸肉で。塊の胸肉を薄く切り広げ、そこに下ゆでしたゴボウとニンジンを巻いてあります。巻いた後、タコ糸で縛っておくと、型崩れせずに焼けるのでいいですよ。

カボチャって、実は夏野菜なんです。『高野豆腐とカボチャの煮物』

高野豆腐は、大判のものを水で戻してから一口大にカット。カボチャはブロックで、味付けは薄めた麺つゆがベースです。煮込み時間も10分程度と短めなので、作りやすいですよ。カボチャのしっとりとした食感をお楽しみあれ。

いつもの茄子炒めに季節感を盛り込んでみました。夏を予感させる『茄子とパプリカとししとうのそぼろ炒め』

我が家定番の、素揚げにした茄子と、合挽きミンチをベースにした炒め物。今回は具にパプリカとししとうを入れ、夏っぽさを出してみました。パプリカもししとうも、油馴染みがよいので、炒め物に最適ですよ。

切り干し大根の旨みと、それに絡むコンニャクのプリッとした食感がGood!『ゆがき大根とコンニャクの煮物』

この日のおかずは、切り干し大根やニンジン、こんにゃくなどを使った煮物。煮込んで柔らかくなった大根と、プリッとした歯応えのコンニャク。2つの具の絡みが絶妙でウマ〜。味付けもあっさり和風なので、食べやすいっす。

塩コショウをビシッときかせるのがポイント『サーモンのムニエル』

この日のメインディッシュはサーモンのムニエル。ポイントは、下味の塩コショウをきかせることと、小麦粉をしっかりまぶすこと。皮を香ばしく焼き上げると、さらに美味しくいただけますよ〜。

ボイル&スライス済みのイカを使ってお手軽に。『イカとツナのサラダ』

今日のサラダは、定番のツナにイカを合わせてみました。イカは、サラダとかマリネに入れるボイル済みっつーのが売ってるので、それを使って簡単に。あとは、パック入りのカット野菜や、缶詰のツナをほぐして盛りつければ出来上がりっす。

ちょこっと加えたレーズンが味のポイント『大根とカニかまの甘酢和え』

塩もみした千切り大根と、ほぐしたカニかまを甘酢で和えた一品。今回は、ちょこっとだけ余っていたレーズンを加えてみたんですが、これが当たり。レーズンの濃縮された甘みが、甘酢と相性ピッタリで美味しかったです。

ひたした小松菜に、香ばしいすりゴマがよく絡んで美味。『小松菜のおひたし』

菜っ葉系野菜の定番メニューといえばこれ。「おひたし」でしょう。作り方と味付けがシンプルで、どんなおかずにもよく合うので、年間通じてよく食べます。ポイントは、仕上げにすりゴマをたっぷりかけること。香ばしさがUPして、より美味しくなります。

身離れの良さ、ハンパねぇw骨以外は残さず食べれる『スペアリブの圧力鍋煮込み』

圧力鍋で煮込んだスペアリブは、身がトロトロでめっちゃ柔らか〜い。骨から身がスルっと取れる感覚が気持ちイイっす。赤身も脂身も軟骨も、全部残さずガッツリ食べたいって時は、これに限りますな。一緒に煮込んだ新じゃがやニンジン、煎り豆も美味しくいただきました。

コクのある味噌が具に絡んでウマい。『きゅうりとイカの酢味噌和え』

用意するのは、きゅうり2本と、イカと酢味噌。きゅうりは、スライサーで薄切りにした後、塩もみ。イカは、ゲソとエンペラを細切りに。あとはそれらを酢味噌で和えるだけ。酢味噌は市販のものを使うと簡単ですよ。

あっさり風味だけど、食べ応え・満足度はバッチリ。『鶏ミンチの豆腐ハンバーグ(新じゃが&コーン入り)』

いつもは合挽きミンチで作るハンバーグを、鶏ミンチに変えて作ってみました。一緒に混ぜ合わせる具は、豆腐やじゃがいも、コーンなど。普通のハンバーグに比べて少し崩れやすいので、焼く時は慎重に。ジャガイモや豆腐などの存在感がちゃんと味わえて、食べ応えも結構あるのでイイですよ。

ほっこり甘く炊き上げた里芋が美味しい。『高野豆腐と里芋としめじの煮物』

この日の一品は、ダシ付きの高野豆腐を使った煮物。具は、里芋やブナシメジ、厚揚げ、スナップエンドウなど。まず、付属のダシで里芋を煮始め、あとは順番に具を加えて煮込めば出来上がり。柔らかく煮えた里芋が、モッチリした食感で美味しいですよ〜。

ベーコンと梅干し、両方のイイところが、豆腐を介して一体化。『豆腐とベーコンの梅しそサラダ』

今回のメニューは、豆腐とベーコンの下処理がポイントですね。豆腐は水気をしっかり切る。ベーコンはキッチンペーパーに挟んでから、レンジでチン。この2点をおさえておくと、仕上がりも美味しくなると思います。味の決め手になる梅干しは、うちのばーちゃんが漬けてくれた自家製で〜す。

食感、味わいの違う食材同士が絶妙に絡み合って美味い。『キュウリとワカメとカニかまの甘酢和え』

キュウリは生野菜ならではのみずみずしさ、ワカメはその歯応え、そして、カニかまは旨み。それぞれの食材の良さが、絶妙なバランスで組み合わさっていて、超ウマ〜。味付けのベースになっている甘酢も、甘すぎず酸っぱすぎずのイイ塩梅なので食べやすいです。

残り物の有効活用、ハンバーグ編。『揚げ茄子と新玉ねぎとオクラのあんかけ』

炒め物に入れるお肉って、いつもは普通に鶏とか豚なんですが、この日は前日に食べたハンバーグがちょっと残ってたので、それを入れてみました。味付けは、酒、砂糖、醤油などをベースにした和風仕立て。野菜の具は、揚げ茄子や、新たまねぎ、オクラなどを入れてます。

切り身を刺身にするなら、刺身包丁は必須かも『サーモンのお刺身サラダ(大葉添え)』

サーモンの切り身をお造りのように切って、カットサラダの上に乗せたシンプルなメニュー。風味付けに散らした大葉の香りが食欲をそそります。サーモンの身に添えたわさびも、味のアクセントになっていて、美味しかったです。

いつもの甘酢に、爽やか風味をちょい足し。『三色野菜の甘酢和え(レモン風味)』

すっぱい酢にレモンを足すとさらに酸っぱくなりそうですが、レモンが国産だったためか、酸味もそんなにキツくなく、意外と食べやすかったです。色味の違う野菜を3種類使っているので、見た目も華やか。板かまぼこを加えることで、味にも広がりが出ており、とても美味しかったです。

刺激的な辛みがちょうどいいスパイスに。『生野菜と紅生姜のサラダ』

ツナとかハムを合わせることが多い生野菜のサラダに、紅生姜を乗っけてみました。紅生姜そのものを口にすることって、普段あまり無いので、最初は「辛っ」って感じでしたが、慣れればわりとイケる。たまには、こういう刺激的なサラダもいいものですね。

缶詰使用で骨も丸ごと食べられる『サバ缶と白菜とブナシメジの即席煮物』

この日の手作りおかずは、サバ缶を使ったお手軽煮物。野菜の具は、ザク切りにした白菜と、ほぐしたブナシメジ。どちらも火が通りやすい食材なので、煮る時間は短時間でOK。味付けも、缶詰に入っている汁がベースなので、悩む必要なし。ホントに簡単なので、是非お試しあれ。

辛子明太子の辛みと、大葉の香味がポイント。『明太子と大葉のパスタ』

塩茹でしたパスタに、ほぐした辛子明太子を和えるだけの簡単パスタ。トッピングは、刻んだ大葉とカイワレ大根。明太子の辛み・旨みと、大葉の香味がきいてて、後引く美味さがあります。

レトルトソースに生のあさりを加えて満足感アップ!『あさりと菜の花のパスタ』

ソースは市販のレトルトものですが、あさりを追加で入れてあるので、なかなかのボリュームです。旬のものはやはり生で買ってくるに限りますな。菜の花のほのかな苦味に春を感じる、この時期ならではの一品です。

乾物の芽ひじきを1袋分ガッツリ使った『ひじきと野菜の煮物』

芽ひじきは、乾物のものをたっぷり、25g分使用。ぬるま湯に15分ほどつけて戻した後、野菜と一緒に炒めます。野菜の具は、ニンジン、こんにゃくなど。味付けは、砂糖や醤油、みりんなどを使って和風に。シンプルで飽きのこない味がイイっす。

水煮の筍を使えば手軽で簡単。歯切れが良くて美味しい『スナップエンドウと筍の炒め物』

具は、筍やスナップエンドウ、玉ねぎ、キャベツなど。淡色野菜の淡い色合いが春を感じさせてくれます。筍は水煮のものを使ってお手軽簡単に。歯切れの良い食感で美味しいですよ〜。

甘酢と具の絡みが絶妙で、クセになる味わい『きゅうりとハムと春雨の甘酢和え』

この甘酢和えは、きゅうりとハムを細めに切っておくのがポイント。そうすると、春雨や甘酢との馴染みが良く、美味しく仕上がります。食感と味のバランスも絶妙で、一度食べると病みつきになりますよ〜。

これが決定版。何度食べても美味しい、うちの定番。『豚の生姜焼き』

登場頻度が高い豚の生姜焼きですが、単品でのレシピっつーのは意外となかったので、この記事にまとめときます。生姜焼きって、おかずの定番だけあって、いつ食べても美味しいですね〜。

オクラと菜の花を入れて春っぽく『牛がけ豆腐』

牛肉と豆腐を組み合わせた手作りおかず。今回は、オクラや菜の花、刻みネギなど、青みのある野菜を多く使い、春らしさを出してみました。牛肉は、お酒や砂糖、醤油などで甘辛の味付けに。風味付けの刻み生姜が、ピリッときいてて美味しいですよ。

甘み、旨味、香味、この一品でいろんな味が楽しめる『いもツナなんきんの混ぜ混ぜサラダ』

焼き野菜と生野菜をバランスよく組み合わせたサラダ。ポイントは、カボチャとサツマイモの焼き具合。 濃いめに色づくよう焼き上げると、香ばしさが出てさらに美味しくなります。トマトやツナの旨味、大葉の香味など、ホントにいろんな味がこの一品で楽しめるので、食べ応えバツグンですよ。

ブリのアラを下ごしらえする時は、「焼く」といいよ!『ブリ大根』

この方法で作れば、生臭い・魚臭いブリ大根とはもうおさらば!ポイントは、ブリのアラの下ごしらえ。アラを煮る前に「下焼き」しておくんです。焼くことで臭みが無くなり、仕上がりも美味しくなります。このやり方、かなりオススメです。

いつもより大きめに切った蓮根で、食べ応えアップ!『根菜とコンニャクと牛肉の炒め煮』

今回の炒め煮には、大きめに切った蓮根を入れてみました。厚みも少しアップさせているので、食べ応えが増してます。こんにゃく増量仕様なので、いつもよりさらにヘルシー。ごぼうは、今がちょうど旬の新ゴボウを使ってみました。根菜好きにはたまらん炒め煮ですよ〜。

コッテリした豚バラには、レモンのスライスがよく合う。『豚バラと新じゃがの圧力鍋煮込み(レモン添え)』

煮豚っつーと、我が家では塊のモモ肉を使うのが定番なんですが、今回は脂身の多いバラ肉でやってみました。「圧力鍋で煮てトロトロ〜」な煮豚を想像してたんですが、期待通りにはならず^^;一緒に煮た新じゃがはちょうどイイ感じだったんすけどね〜。ちと残念なり。

たっぷり入れた刻みネギと、卵のまろやか〜な風味がポイント『豆腐のピカタ風(甘辛味の牛肉乗せバージョン)』

豆腐は、水切りしたものに焼き色を付け、卵でコーティング。牛肉は、炒めたものを砂糖、酒、醤油で味付けして甘辛風に。刻みネギをたっぷり入れると、風味が一段と増して美味しいですよ。豆腐と卵と肉のコンビネーションが絶妙っす。

こんにゃく、ちくわ、レンコンなどなど、色々入った『具だくさんのひじき煮』

今回のひじき煮はいつもより具沢山。定番のこんにゃくやニンジンなどに加えて、ちくわやレンコンなども入れてみました。レンコンは、調理済みのお惣菜を使うと、下ごしらえの手間が省けてイイですよ。

もやし1袋で2品の朝ごはん『もやしと薄揚げのお味噌汁』&『もやしとニンジンの玉子とじ』

この日の朝ごはんは、もやしで2品。一つは、もやしならではの風味がしっかり出ているお味噌汁。もう一品は、シャキシャキした食感が特徴の玉子とじ。どちらも、もやしに火を通し過ぎないのがポイントですよ。

下ごしらえも簡単で、イカの旨味を丸ごと味わえる『ヒイカの煮物(菜の花添え)』

使うのはヒイカというミニミニサイズのイカ。普通のイカに比べて扱いやすいので、料理するのも楽チン。軟骨だけとったら、あとは調味料や生姜と煮るだけで、美味しい煮物の出来上がり〜。ゆでた菜の花を添えて、春らしい一品に仕上げました。

大根の葉っぱと甜麺醤で作ったソースが技アリ!『枝豆入り練り天と長芋のステーキ』

枝豆入り練り天は、そのまま焼いてシンプルに、長芋はバターソテーで香り良く仕上げました。ソースは、大根の葉っぱや甜麺醤、かつお節などで作った自家製モノ。甜麺醤のコクと香ばしさが、ステーキと相性良しで美味しかったです。

鍋の後のお残りを有効活用。『大根とコンニャクと厚揚げのおでん』

鍋を食べた後のシメというと、雑炊やうどんが定番ですが、うちの場合はちょっと違って、おでんが定番。鍋に残ったダシ汁を次の日までとっておいて、そこに野菜や練り物を入れて煮込み、翌日の夕飯として食べるのです。この日の具は、大根とコンニャクと厚揚げ。普通に水から煮たおでんとはまた違って、味わい深く美味しいですよ。

お弁当のすきまおかずから、酒の肴まで、利用範囲は意外と広そう。『焼きちくわのおかか醤油和え』

ちくわって、生でも食べられますが、焼いたのも美味しいですよね。うちでは、お弁当のおかずが微妙に足りないという時に、この焼きちくわが活躍します。ちくわの旨味とかつお節の旨味がイイ具合に絡まって、生のちくわとはまた違った味わいが楽しめます。作り方も超簡単なので、おかずにもう一品という時は、是非お試しあれ。

朝はやっぱこれだね〜。わかめと豆腐も入った『白菜と薄揚げのお味噌汁』

春夏秋冬、季節を問わずほぼ毎日食べているお味噌汁。今日のは、白菜や薄揚げ、豆腐、わかめなどが入った定番のもの。白菜は細切りにすると、他の具ともなじみが良く、食べやすいですよ。

保存版レシピ!『ぜんまいと牛肉と野菜のすき焼き風』の超詳しい作り方。

年間通じて食べることが多い、我が家の定番メニュー、すき焼き風鍋。具や味付けは、作る時々で微妙に違ったりしますが、根本的な部分はほとんど同じなので、今回のを保存版としてまとめておきます。いつもより写真多めのレシピにしたので、分かりやすいですよ〜。

火の通りやすい食材を使うのがポイント。サッと煮て、すぐ食べられる『サバ缶と白菜としめじのサッと煮』

今回は、最初に麺つゆを煮立たせて、そこに具を追加していきましたが、薄味が良い場合は、麺つゆ無しでもOK。缶詰の味付きサバは、わりと味が濃いので、その汁だけでも十分味がつくと思います。白菜やしめじに缶詰のダシがしみて美味しいですよ。

野菜と魚介のエキスが中華鍋の中で一体になり、旨味たっぷり。『とろみ無しの煮込み風八宝菜』

八宝菜は、白菜が比較的安い今の時期によく食べます。山の幸は、ニンジン、椎茸、コンニャクなど。海の幸は、シーフードミックスやホタテを入れるのが、我が家の定番。野菜と魚介が盛りだくさんで旨味もたっぷりな、食べ応えのある一品です。

春らしく、酢飯が菜の花と鮭入り。『春色手巻き寿司』

この日の晩御飯は手巻き寿司。もうすぐ春ということで、酢飯も春仕様。ゆでて刻んだ菜の花と、焼きほぐした鮭を混ぜ込みました。菜の花のグリーンと、鮭のピンクが入ることでとても春らしく、見た目にも楽しめる一品に仕上がりました。焼き海苔で手巻きにして食べると、なお美味しいっす^^

市販の素に、コンニャク&ニンジンを足して、簡単手作り。『京のおばんざい風、五目ひじき』

ベースのひじきは、大豆やゴボウなど、5品目の具と、調味料が1セットになった即席タイプ。そこに、細切りのコンニャクやニンジンを加えれば、ボリュームUPバージョンの五目ひじきの出来上がり。具が増えた分の味の調節は、麺つゆで。はんなり優しい味わいの、京風五目ひじきに仕上がりました。

ゴボウは、皮付き&アク抜き無しで全然OK。『ゴボウと豚バラの柳川風蒸し鍋』

ゴボウは、皮に有用な成分が集まってるらしいので、そこを捨ててしまうのはもったいないんだそうな。あと、アク抜きで水にさらすのも、実はあんまり必要ないらしいですよ。さらすと、ポリフェノールが水に溶け出ちゃって、これまたモッタイナイんだそうな。

炙った薄揚げと、塩ゆでもやしに甘酢がしみてジューシーな味わい。『もやしと薄揚げのゴマ和え』

もやしは、熱湯でサッと塩ゆでに。そこに炙って刻んだ薄揚げを加え、甘酢で味付け。あとは、煎りゴマと刻んだ大葉を和えれば出来上がり。薄揚げともやしがイイ感じに甘酢を吸っていて、ジューシーな食べ応え。ゴマと大葉の香味がきいてて美味しいですよ〜。

ん?何かが足りないような…?『カレイの煮付け』と、早ゆで&レトルトをウマく活用『アサリコンソメのスープパスタ』

カレイの煮付けは、見た目はいつもと変わらないものの、一口食べると何かが違う…。理由は砂糖。母いわく、いつも入れてるのを、今日は入れずに作ってみたんだそうな。パスタは、早ゆでタイプの麺とレトルトのソースを活用して手早く簡単に。具にイカとしめじを入れて、ボリュームのある一品に仕上げました。

残り野菜と昆布ダシでヘルシーに「千切り野菜の和風スープ」

大根やピーマン、白ネギなどの野菜を千切りにしてスープを作りました。今回初めて、昆布をダシに使ってみましたけど、なかなかイケますね。組み合わせる調味料を変えれば、いろんなバリエーションのものが作れそうです。

いつもよりあっさり風味。醤油の香り立つ「豚の生姜焼き(味噌無しバージョン)」

我が家で出現頻度の高い、定番中の定番おかずといえば、豚の生姜焼き。いつもは、漬けダレに味噌を少量入れて作るんですが、この日は味噌がなかったため、調味料はみりんと醤油のみ。味噌が無い分、醤油の香りが立って、これはこれで美味しかったです。

鶏モモやレバー、つくねなど、お惣菜の焼き鳥ネタをトッピングした『焼き鳥ピザ』

スーパーで売っているお惣菜の焼き鳥。自分の好きな串をセルフ形式で選べるところが利点なんですけど、 そのまま食べるのは少し味気ない…って時もありますよね。そんな時は、この焼き鳥ピザはいかがでしょう?ボリュームUPで、野菜もとれるからイイですよ。

焼けた醤油の香ばしい風味が美味!『鶏モモ肉の漬け焼き(味噌&醤油&ヨーグルト)』と、食べ応えありで腹持ちも良さげな『1ボウルマカロニサラダ』

今回の鶏料理は、テレビ放映されたレシピが元ネタ。オリジナルのレシピは、鶏に味噌とヨーグルトを揉みこむっつーものだったんですが、母のうろ覚えでヨーグルトが醤油に^^;(ヨーグルトは結局あとで追加。)テレビのとはちょっと違ったレシピになっちゃいましたが、これはこれで醤油が香ばしくて美味しかったです。

ゴボウを使うのが定番だけど、レンコンでも美味いよ!『レンコンとコンニャクと牛肉の炒め煮』

煮込み用牛肉とコンニャクを使った炒め煮。いつもはだいたいゴボウと組み合わせることが多いんですが、今回はレンコンで作りました。レンコンも、ゴボウと同じ根菜なので、コンニャク&牛肉に合いますね。いつもとはまた違った食感で美味しかったです。

みりんで出したテリと、濃い目の焼き色がポイント『豚の生姜焼き』&しめじと野菜で具だくさん『焼きビーフン』

今日のおかずは、ごはんが進む定番2品。豚の生姜焼きと、焼きビーフンです。生姜焼きはいつも通り、みりんや醤油、味噌などで下味を付け、フライパンで焼けば完成。焼きビーフンは、ばーちゃんとこから貰ったブナシメジをメインの具にしやした。キノコと野菜盛りだくさんで美味しかったっす。

メークインで作った「なんちゃって大学芋」は、「テリッ」「カリッ」が足りず、ちょっと惜しい感じ。『大学芋風ポテト』

サツマイモの代わりにメークインで大学芋を作ってみました。味的には、揚げ焼きポテトに甘辛の飴を絡めたような感じ。市販の大学芋のようなテリッとしたツヤとか、カリッとした食感を出すのって難しいっすね。機会があればリベンジしたいっす。

漢字で書くと白菜。でも、「はくさい」じゃないよ、「しろな」だよ。『しろ菜と薄揚げの玉子とじ』

しろ菜は、根元が白く、見かけがちょっとチンゲンサイに似ている葉物野菜。それを、きつねうどん用の薄揚げと合わせて、卵とじにしてみました。薄揚げがガッツリ甘い味付けだったので、玉子とじ自体も結構甘めに仕上がりました。

シンプルゆえに、どんなおかずにも合う、我が家の定番サラダ。作り方もメチャ簡単っす!『長芋入りのツナ・トマ・ハムサラダ』

お皿に敷いた千切り野菜に、トマトやハム、ツナなど、その時ある食材を組み合わせて作る、うちの定番サラダ。今回は、冷蔵庫に残っていた少量の長芋を加えて、「ちょいネバ仕様」にしてみました。素材の味が活きているシンプルなサラダなので、和洋中、どんなおかずにも合いますよ〜。

カリッとした食感にかつお節&ポン酢が最高「厚揚げの焼いたの」と、残り物のナイスリメイク2品「焼きうどん&粉ふき芋のそぼろがけ」

厚揚げは、煮物系の料理に入れるのが定番かと思いますが、私的には、このカリッと焼いた厚揚げが一番好き。焼きうどんと粉ふき芋のそぼろがけは、前日の残り物をうまいこと活かしたリメイクメニュー。さすが母上、そのイカしたセンスに脱帽っす。

作りたてから、2日目、3日目と、味の変化を楽しむのが醍醐味。『牛肉とゴボウとこんにゃくの炒め煮』

ささがきのゴボウや、細切りのコンニャク、切り落としの牛などを、砂糖や醤油で甘辛く味付けした炒め煮。初日の作りたてはゴボウらしさが感じられるフレッシュな味わい。2日目、3日目あたりになると味のしみ込みが深くなり、全体がコクのある味わいに。変化を楽しめるところが、この炒め煮のイイところです。

テキトー分量でも、そこそこの味に漬かるのが浅漬けのいいところ『ぴらぴら大根の浅漬け』

薄く短冊切りにした大根に、ちりめんじゃこやお酢、生姜などをもみこみ、浅漬けを作りました。調味料の分量は超テキトーでしたが、それなりの時間漬け込めば何とかなるもんすね^^;噛めば噛むほど旨味が出てくる、ちょいピリ辛の浅漬けに仕上がりました。

下味付き牛肉の旨味とトロトロ食感の大根がイイ『大根と牛肉の蒸し煮』&甘酢でサッパリ『大根の皮のゆず風味』

今日は新聞掲載のレシピから大根メニューを2品。蒸し煮の方は、母が作る普段のおかずとはまた違った感じの味で、新鮮でした。料理のテイストって、調味料の合わせ方で結構変わるもんなんですね。ゆず風味の方は、わりと食べ慣れた甘酢仕立て。ほろ苦&サッパリで箸休めにピッタリです。

具や薬味の組み合わせでバリエーションは無限大。その日にあるもの、残り物、余り物などですぐ作れる『サラダうどん』

鍋をやった時に余ったうどん玉。普段は焼きうどんにすることが多いんですが、今日はそれすら面倒くさかったので、残り物のサラダやら、納豆やら、そこらへんにある調味料などなど、手近な食材と合体させてサラダうどんにしちゃいました。超簡単に作れてボリュームもあるのでオススメです。

天ぷら、フライの時に残った中途半端な衣。スープに流し入れれば、かき玉風に。『トマトとブロッコリーのスープ』

今回のありあわせスープは、トマトとブロッコリーをメインに、生姜やサツマイモなんかも入れてみました。あと、天ぷらに使った残りの衣があったんで、それも加えてかき玉風に。トマトの酸味や、生姜の辛み、小麦粉入りかき玉のモチっとした食感など、いろんな味わいが感じられる、楽しくて美味しいスープに仕上がりました。

セロリが思ったほどハジけてくれなかったけど、生姜に救われた『セロリの煮浸し:ジンジャーコンソメ風味』

スーパーで特売価格になっていた1株98円のミニセロリ。半分くらい使ったその残りで、煮浸しを作ってみました。味付けは、例のごとくコンソメで。セロリの風味が思ったほど生きず、ちと残念でしたが、生姜のおかげでなんとか…^^;生姜って偉大っすね。

牡蠣のほろ苦い味わいは、この時期ならでは『カキフライと野菜の天ぷら』

冬ならではの味覚、牡蠣をフライにしていただきました。身にまぶす粉を片栗粉にすると、衣が薄付きになって良い具合に揚がりますよ。野菜の方は、ブロッコリーとナスを天ぷらに。ブロッコリーは、サラダ野菜的なイメージがありますけど、揚げても結構美味しいです。

くたくたネギの食感と旨味、そしてピリッとした生姜の風味がたまら〜ん『上州ネギと生姜の洋風煮浸し』

上州ネギの先っぽの部分が残ってたので、それを使って煮浸しを作ってみました。味付けはコンソメの素を入れて洋風に。風味付けは生姜のスライスです。ネギをとろとろになるまで煮込むと美味しいですよ。ネギ好きの方は一度お試しあれ。

あっさり爽やかな酸味で、やめられない止まらない〜『いちょう切り大根の梅おかか和え』

叩いてペースト状にした梅干しと、イチョウ切りにした大根を和えて浅漬けにしました。漬け工程をポリ袋に入れて行うので、洗い物も少なく、作るの楽チンっす。酸味がマイルドだからモリモリ食べられますよ〜。

材料、作り方はシンプルだが、味の安定感は抜群『トマトとピーマンとベーコンのピザ』

市販のピザ生地を使って作る簡単ピザ。今回の具は、トマト、ピーマン、ベーコンの3種類。ソースはトマトベースで、これも市販のもの。速攻で作れて、しかも美味しい自家製ピザ、皆さんも是非お試しあれ。

シャキシャキ感とホクホク感が同時に楽しめる『長芋のステーキ:イカ&大葉添え』

太くて立派な長芋を輪切りにし、フライパンでこんがり焼いた長芋ステーキ。今回は、焼いた細切りイカと、刻んだ大葉をトッピングしてみました。味付けは甜麺醤とお酒。しっかり焼き目をつけた長芋が香ばしくて美味しかったです。

たっぷり入った生姜で体が温まる〜。『彩り野菜の春雨スープ』

ありあわせ野菜での春雨スープ作り。今回はレンコンや生姜、スナップエンドウなど、具の種類が多いので、量も少し多めにして作ってみました。スライスした生姜がたくさん入ってて、体が温まりますよ〜。薄味仕立てでゴクゴク飲めるところもGoodです。

たっぷり入ったゴボウで食べ応え抜群!『白菜とゴボウの春雨スープ』

ここ最近ちょっとしたマイブームになっている、コンソメと春雨の組み合わせ。今回は、白菜とゴボウも一緒に加えてみました。具たくさんで食べ応えのあるスープですよ〜。

トマトの旨味と、エノキ&長芋のとろみがポイント。『エノキとトマトと長芋のコンソメスープ』

みじん切りのエノキや、角切りのトマト、長芋などをコンソメの素で味付けした簡単スープ。トマトから溶け出した旨味が、コンソメと相性バッチリで、思っていた以上に美味しかったです。エノキや長芋など、胃に優しそうな食材も入ってるので、朝飲むスープにいいかも。

あたご梨を具にした『梨ピザ』を作ってみたが…

我が家で作るピザっつーと、ピザソースと野菜とベーコンってな具合の王道パターンが多いので、今回はちと違った路線で攻めてみました。ちょうどあたご梨があったんで、それでデザートピザを作ったつもりだったんですが、ちと甘みが足りず、普通のピザになっちゃいました^^;

ガーリック風味のとろみソースが具によく絡んでウマ〜『長芋とぶなしめじの甘辛炒め』

長芋、ぶなしめじ、豚の薄切り肉があったんで、肉巻きでも作ろうかと思ったんですが、長芋のぬめりで肉がうまいこと巻けず、断念^^;結局、普通の炒め物になっちゃいました^^;まあでも、どんな料理であろうと、最終的に美味しければいい…よね。

ポリっと、ホクっと、食感の違いが楽しい『カボチャとスナップエンドウのガーリックオイル炒め』

カボチャは、レンジ加熱した後、フライパン焼きにして香ばしく。スナップエンドウは、サッと炒めて瑞々しい食感に。ポリポリとホクホク、2つの異なる食感を一度に味わえる楽しいメニューです。

甘酢風味の大根おろしでさっぱりいただく『スモークサーモンのみぞれ和え』

パック売りのスモークサーモンを大根おろしでサッと和え、みぞれ仕立てにしました。味付けは甘酢風味でさっぱりと。すぐに作れるので、前菜とかサラダ的な一品が欲しい時に重宝しますよ。

正直、最初はマズかった。でも、時間をおいたら味がマイルドに。『アボカドと納豆メインの具たくさんディップ』

今回はアボカドディップを作ってみましたよ。納豆やらピクルス、ナッツなど、混ぜ合わせた具はわりと普通のものばかりだったんですが、出来上がってみたらなんかマズい…^^;でも、残しといて、半日後くらいに再び食べたら、味がマイルドになってて無事完食。何かようワカランけど、最終的には美味しく食べれたから良かった…のか?

加熱すると甘さが増し、口当りもソフトに『あたご梨のポーク巻きグリル』

いただきもののあたご梨を豚肉で巻いた後、オーブンで蒸し焼きにしてみました。この梨、生のままでも美味しいんですが、加熱すると実がほどよく柔らかくなり、甘さも増してより美味しく食べられます。巻いた豚肉との相性も良しです。

煮込んだパプリカのプルッとした食感がエエ感じ。『サツマイモとパプリカのコンソメスープ』

いつもは炒め物に使うことが多いパプリカをスープの具にしてみました。味付けは、コンソメの素でシンプルに。一緒に入れたサツマイモやウインナーとの相性も良く、美味しかったです。

時間が無い時にも作りやすいスピードメニュー、「マカロニとブロッコリーのサラダ」

ゆでたマカロニとブロッコリーに、ハムやトマト、ピクルスなどを加えて作るシンプルなサラダ。美味しく仕上げるコツは、茹でたマカロニとブロッコリーの水気をしっかり切ること。手早く作れてモリモリ食べられる、ボリューム満点のサラダですよ。

砂糖多めのちょい甘仕様、『パプリカと豆腐のマーボー豆腐風そぼろ炒め』

挽き肉&豆腐をベースに、その時々の野菜を加えて作るマーボー豆腐風の炒め物。我が家ではわりと定番で、出現頻度も高めのメニューです。今回はパプリカとピーマンを入れて、彩りも華やか。味付けはちょっと甘めでした。

瓶詰めピクルスと卵で作る、あっさり風味の『即席タルタルソース』

瓶詰めのピクルスをいたただいたので、それを使ってタルタルソースなど作ってみました。ゆで卵作るのが面倒だったんで、レンジを使ったんですが、意外に手間がかかっちまいました^^;味は、マヨネーズを入れずに作ったからか、わりとあっさりな感じ。

きのこの弾力ある歯応えと、合挽き肉の相性が抜群!『きのこバーグ』

しめじや椎茸、えのきなど、キノコ類をたっぷり混ぜ込んで焼き上げたキノコバーグ。美味しく仕上げるポイントは、きのこをたくさん入れること。そうすることで、肉とキノコ、両方のイイところがしっかり味わえます。きのこ好きの方は是非お試しあれ。

マッシュしたサツマイモを春巻き皮で包んだ『サモサ風のおやつ春巻き』

加熱してつぶしたサツマイモと、春巻きの皮を使ったおやつメニュー。皮で包む形を三角形にして、サモサ風に仕上げました。甘くてほくほくしたサツマイモと、香ばしい皮のコンビネーションが抜群で、めちゃ美味しかったです。

緑豆春雨と、残り物の野菜&カレールーで作る『カレー味のチャプチェ』

冷蔵庫の中に残っている使いかけの野菜と、春雨があればすぐに作れる即席チャプチェ。春雨っつーと、我が家では甘酢和えにすることが多いんですが、炒め物にするのもイイですね。でも、味付けがちょっと…^^;春雨戻すのにお湯入れまくったもんで、カレー味がかなり薄まっちゃいました^^;

ベーコン入りでちょっぴり洋風な『カボチャの煮物』

今日は冬至だったので、カボチャの煮物をいただきましたよ。我が家で煮物というと、酒、砂糖、醤油がベースの和風味付けが定番なんですが、今回はベーコン入りでちょっぴり洋風。ベーコンから出たダシが、和の煮汁にほどよく馴染んで美味しかったです。

さっぱりした味わいで食べやすい『鶏ミンチの揚げ団子(えのき入り)』

材料は、鶏のひき肉や、えのき茸、刻みネギなど。揚げ物ですが、お肉が鶏で、味付けもシンプルにしてあるので、わりと食べやすいです。一口サイズなところもGood!夕飯のおかずだけでなく、お弁当のおかずにも良さそう。

お惣菜の照り焼きチキンと、市販の生地ですぐ作れる『テリヤキピザ』&ダシ付き、戻し不要の高野豆腐で簡単煮物。

ピザは、市販の生地と、お惣菜のチキンを使ったカジュアルスタイル。彩り添えにフレッシュトマトとピーマンをトッピングすれば、手軽で美味しい照り焼きチキンピザの出来上がり。煮物も、戻し不要の高野豆腐を使って、簡単手軽に。楽して美味しいものが食べられるってイイですね。

アスパラのロースハム巻きや、ささみの大葉巻きなど、ネタ盛りだくさんの揚げ物

定期的に食卓にのぼる天ぷらとフライ。今日の揚げネタは、ナスやサツマイモ、ちくわなど。私が好きな巻きモノ系は、アスパラのハム巻きと、ささみの大葉巻きが揚げられてました。アスパラは、いつもは豚バラ巻きが多いんだけど、ハム巻きもいいっすね。

鶏ミンチと、塩こしょうベースの味付けでシンプルに仕上げた『レンコンの肉詰め(ほのかに生姜風味)』

肉詰め系料理っつーと、うちでは餃子の残ったタネでやることが多いんで、味がわりとコッテリ系になりがちなんですが、今回は鶏ミンチを使ったあっさり風味。味付けも、塩コショウがメインのシンプルな感じにしてあるので、食べやすいし美味しいっす。ほんのり香る生姜の風味もGood!

おかずっぽくもあり、お菓子っぽくもある、ユニークな味。『豆腐とオールブランの型焼き』

前回に引き続き、今回もおでん種のリメイクレシピっす。今日使うのは、豆腐とジャガイモ。つぶしてミンチや卵、オールブランを混ぜ、型に入れて焼き上げました。残り物の組み合わせで作るメニューだと、工程が少なくて済むからラクっすね。

こんにゃくのプルプルした食感が楽しくて美味しい『こんにゃくピザ』

おでんをすると、最後の最後まで残ってしまうことが多いコンニャク。そんな持て余し気味なコンニャクをリメイクして、ピザを作ってみました。普通のピザには無いプルプルした食感が、新鮮で楽しいですよ。

おでん種のジャガイモと牛スジで作った『オールブランのポテト和え、牛丼風』

前回作った『オールブランのネバネバ和え』が結構気に入ったので、第二弾を作ってみました。今回使うのは、おでん種のジャガイモや牛スジなど。つぶしたジャガイモにオールブランを混ぜ、牛スジをトッピングするだけで簡単に作れるので、是非お試しあれ。

シリアルは、和の食材とも意外に合うことが判明。『オールブランのネバネバ和え』

久々に買ったシリアルのオールブランを、長芋&納豆に混ぜてみました。単なる思いつきで作ってみたメニューですけど、これが意外と合うんです。普通のネバネバ和えにオールブランが加わることで、香ばしさと深みがプラスされるんですな。シリアルの新しい食べ方としてオススメです。

豚トロのプリっとした歯応えと、噛むほどに出てくる旨味がポイント。『豚トロと野菜の焼肉風炒め』

我が家の炒め物系メニューで使うお肉は、豚バラのスライスというパターンが多いんですが、今回は豚トロで作ってみました。お野菜の具は、ブロッコリーやきぬさや、オクラなど。豚トロの歯応えと、噛めば噛むほど出てくる旨味がポイントの一品です。

豆腐+団子粉で作った豆腐団子と、甜麺醤の味付けがポイント。『豆腐団子と鶏肉の韓国風炒め』

豆腐団子は、しっかり水切りした木綿豆腐に、市販の団子粉を混ぜて作りました。…が、分量が正確でなく、かなりゆるい団子になってしまいました^^;まあでも、これはこれで、口どけのイイ食感で美味しかったです。これがいわゆる「怪我の功名」ってやつ?^^;

お頭、殻付きの『丸ごとエビフライ』と、カキフライ

エビフライって、普通は殻と頭を取って、尻尾と身だけを揚げることが多いんですけど、今日のはなぜか殻&お頭付き。いつもよりボリューム大に見えるのはいいんだけど、殻と頭をむくときに油で手がベトベト^^;海老を丸ごと揚げたい時は、小さめのサイズにするべし。

ゴボウ&レンコンの素朴な味わいと食感が堪能できる『根菜とこんにゃくと牛肉の炒め煮』

ゴボウや、蓮根、人参など土物野菜を中心に、こんにゃくや牛肉も加えた、具たくさんの炒め煮です。ゴボウはささがき、蓮根はスライス、こんにゃくは細切り、という感じで切り方をそれぞれ変えて、食感に広がりを持たせています。味の方は、野菜と一緒に入れた牛肉がポイント。風味の強い牛肉を入れることで、コクと旨味が加わります。

ほくほくジャガイモが入った『肉じゃが風煮込み』と、『フキや長芋の肉巻き』と、『長芋とオクラのおかか和え』

煮込みは、残り物のすき焼きからのリメイク。下ゆでしたメークインや卵、きぬさやなどを加え、肉じゃがっぽく仕上げました。肉巻きは、定番のオクラや長芋の他に、水煮のフキなんかも巻いております。おかか和えは、あえて巻かずに残しておいたオクラと長芋を活用して作りました。

葉付きの小かぶらで2品。本体?の小かぶは煮物に。葉の方は、炒めて即席の佃煮風に。

煮物は、具が小かぶらだけだとちと寂しいので、高野豆腐とロールキャベツを加えてボリュームアップ。味付けは、高野豆腐についてたダシと、醤油&麺つゆを少々。葉っぱの佃煮風は、白いご飯によく合う一品。ベースの味付けが味噌なので、コクがあります。

ヒレカツっぽい歯応えある食感の『豚モモブロックを使ったモモカツ』と、衣がサクサクの『マイワシのフライ』

豚モモ肉の塊をスライスして、衣をつけて揚げたモモカツ。わりと脂身の少ない肉だったので、ヒレカツのような感じに仕上がりました。マイワシは、お頭つきの小さめのものを買ってきて、それを家でさばいてフライにしました。

ほの甘い風味で、ほっこり落ち着く味わいの『昆布巻きとカボチャの煮物』

カボチャと、味付きの昆布巻きで煮物を作りました。煮込んで柔らか〜くなった昆布巻きとカボチャが、ほのかに甘い風味になってて美味しいです。下味がついた昆布巻きを使うと、煮物自体の味付けが比較的簡単に済むからいいですね。

タラのぷりぷり食感がたまら〜ん!昆布だし&水炊きであっさり風味の『タラちり鍋』

この日の晩御飯は、切り身のタラをたっぷり入れた水炊き鍋。ダシは昆布であっさりと、具は、鶏だんごのつくねやマロニーなどを入れました。煮込んでプリプリになったタラの身が美味しいっす。

豚肉の代わりに鶏のから揚げでも美味しい、酢豚ならぬ『酢鶏』

うちでは酢豚っつーと、この鶏を使ったものが定番。味付けに使う調味料は、酢やケチャップ、砂糖など。とろみつきの甘酸っぱいタレが具に絡んで美味しいっす。鶏のから揚げのジューシーな食感がGood!

舞茸、しめじ、椎茸。キノコが3種も入って旨味たっぷりの「生地無しピザ」

残り物や、あり合わせの野菜と、とろけるチーズがあればすぐ出来る「生地無しピザ」が、今日のメイン。今回のには、舞茸としめじと椎茸、3種類もキノコが入ってるので旨味たっぷり。野菜は、ブロッコリーやトマト、ピーマンを、お肉系はウインナーを使いました。ピザ用の生地を用意する必要が無いのでお手軽っす。

青汁粉末や餅、チーズなどを入れた『変わり種餃子』

今日は、いつもの餃子に他の食材を「ちょい足し」して、少し風味を変えてみました。青汁の粉は結構イケたけど、餅とチーズは入れた量が少なかったためか、味の違いがほとんど分からないという結果に^^;今度作る時は、包み方を変えるか、大きめの皮を使わないとイカンなぁ。

風邪引き母が作った、いつもより味濃い目の八宝菜

今日の晩御飯は、野菜や魚介を炒めてとろみをつけた八宝菜でした。我が家では結構定番メニューなので、わりとよく食卓に上るんですが、今日はいつもより若干味が濃い目。作った母いわく、「風邪で味付けの加減がよく分かんなかった」んだそうな^^;

里芋の粘りのある食感は、チョコガナッシュのそれに近いかも。『里芋トリュフ』

加熱した里芋をつぶし、チョコとナッツを加えてトリュフ風にしてみました。里芋を食べた時のねっとりした食感って、トリュフに入っているガナッシュの食感にちょっと似てますね。意外に里芋って、スイーツ向きの食材かも。

あっさり風味でパクパク食べられる『豆腐とポテトのピカタ風』

水切りした豆腐と、お惣菜のベーコンポテトを卵でとじてピカタ風にしました。具の周りについた卵の「みみ」が食欲をそそりますな〜。豆腐とポテト、どちらの具もわりとあっさりしてるので、すごく食べやすいですよ〜。

とろみ付き煮汁で温かさ長続き『木綿豆腐と挽き肉のトロトロ炒め』

豆腐とミンチと野菜を炒め煮風にして、煮汁を水溶き片栗粉でとじた一品。味付けは、お酒、砂糖、醤油を使って、優しい風味に仕上げました。見た目は麻婆豆腐っぽいですが、辛くないので食べやすいっす。

ミンチで濃いのと、ツナであっさり、どっちがお好み?カボチャの揚げ焼きコロッケ

我が家ではコロッケっつーと、天ぷら鍋で揚げて作ることが多いんですが、今回はフライパンで揚げ焼きにしてみました。タネのベースは、マッシュしたホクホクのカボチャ。量がわりと多かったので、二つに分け、片方はツナ入り、もう片方はミンチ入りにしました。

豚モモ肉のみっちり感(パサついてるとも言う^^;)が魅力な、『大根入り煮豚のルッコラ添え』

圧力鍋で煮込んだ豚モモ肉と大根を、サラダ風に盛り付けていただきました。豚モモ肉のみっちり詰まった食感は、好みが分かれそうですが、私はわりと好きです。煮豚っつーと和食のイメージですが、ハーブなどを添えるとまた違った感じで食べられるからいいですね。

ホット&ソルトでWの辛さ『大根とネギの牛キムチ炒め』

材料の大根とネギは、どちらもばーちゃんちの畑で収穫したもの。今回はこれに牛肉とキムチを合わせて、炒め煮風のおかずを作ってみました。味付けは、砂糖や醤油、煎りゴマなどを使ってやや濃いめに仕上げてます。

白ごはんによく合う『大根葉の佃煮風』

ばーちゃんちの畑で採れた葉付き大根の葉っぱを、佃煮風に調理してみました。佃煮っつーと、作るのに時間がかかりそうなイメージがありますが、これは簡単。ゆでて刻んだ大根葉を炒めつつ、調味料を合わせるだけなので、すぐ出来ちゃいます。

実が硬いラ・フランスの美味しい食べ方

母がスーパーで買ってきたラ・フランス。旬の味を堪能しようと早速切ってみたんですが、実がまだかなり硬い…。「生はダメぽ。なら、加熱したらええがな。」ということで、ピザ風に調理して食べることにしました。 ハムとかチーズを乗せて焼くと結構イケますよ。

『里芋や薄揚げ、しめじなどを入れた具たくさんのお味噌汁』&『残りものハンバーグとちぎりレタスの玉子とじ』

お味噌汁は、里芋やしめじ、もやしなどをモリモリ入れた具たくさん仕様。我が家の朝食の定番、玉子とじは、いつもだとウインナーを入れることが多いんですが、この日は残り物のハンバーグがあったので、それをレタスと一緒にとじました。

家族が集まった日の夕食は鉄板焼き

この日は甥っ子一家が遊びに来たので、鉄板焼きの夕食でした。母&甥っ子一家は、前日から祖母の家に行っていて、そこでとれた野菜も鉄板焼きの具にしていただきました。

ん?いつもと何か違う、と思ったら…うっかり母のすき焼き風鍋

寒い時期になってくると、よく食卓に出てくるすき焼き風の炒め煮鍋。今日もいつも通り牛肉を炒めて、野菜を入れて…と作り始めたんですが、何か違和感が…。

塩コショウの後、小麦粉をまぶして旨味を凝縮。『イワシの煎り焼き』

スーパーで安く売ってた鰯を使って、母が煎り焼きを作ってくれました。開きにしたイワシに塩コショウで下味をつけ、小麦粉をまぶして焼くというシンプルなメニューですが、旨味がギュッと凝縮されていて美味しかったです。晩御飯のおかずだけでなく、お酒のおつまみにも良さそうですよ。

濃いめの味付けでご飯が進む、『茄子と挽き肉のマーボー茄子風炒め』

炒めた挽き肉に、素揚げした茄子や、ピーマン、エリンギなどを加えて作る、マーボー茄子風の炒めもの。作る時の一番のポイントは、茄子を素揚げにすること。手間はかかりますが、これをやっておくと美味しさが格段に上がりますよ。トロトロになった揚げ茄子に、煮汁がしみ込んでウマ〜。

ほんのり甘くて優しい味わい『ゆがき大根とコンニャクと薄揚げの煮物』

ゆがき大根は、切り干し大根のように水戻ししてから使います。見た目は、切り干し大根よりもちょっと太いような感じ。コンニャクや薄揚げ、ニンジンなどと一緒に鍋に入れ、煮物にしました。味付けは、砂糖や酒、醤油など。ほんのり甘い味わいが落ち着きます。

子供の頃をふと思い出す、懐かし味のソース焼きうどん

焼きうどんって、ささっと簡単に出来て、しかも美味しいメニューの代表格ですよね。この日作った焼きうどんの具は、ピーマンと、ニンジンと、もやしと、キャベツ。味付けはトンカツソースでした。

晩御飯おかずの鉄板『豚の生姜焼き』と、甘酢風味で後味さっぱり『キュウリとハムの春雨サラダ』

今回作った豚の生姜焼きは、タレにつけておいた時間が80分程度と少々長め。付け合せは、砂糖と酢で味付けした春雨サラダ。さっぱり風味で、生姜焼きと組み合わせると箸が進みます。

粕汁と石狩鍋とちゃんこ鍋を足して3で割ったような鍋。

酒粕が入ってるので粕汁風かと思いきや、鮭が多めで石狩鍋風でもあるし、味付け的にはちゃんこ鍋っぽくもある。この日の晩御飯は、そんなフクザツな感じの鍋でした^^;鮭、椎茸、白ネギ、豚肉、白菜など、具沢山でGood!

イイ色?焦げ気味?レンジでチンするから揚げ粉で作った『鶏手羽のから揚げ』と、『ブロッコリーと卵のマカロニサラダ』

鶏の手羽は、レンジ調理用のから揚げ粉をまぶして揚げてみました。この粉、レンジ用っつーことで、粉自体にしっかりとした下味がついてるから、結構濃いめの味に仕上がりますね。サラダは、ボイルしたマカロニとブロッコリーに、つぶしたゆで卵を和えました。

具は完璧。だけど、皮がちょっと残念な『餃子の皮ピザ』

いつもは耐熱皿の上に直接具を乗せて焼く「皮無しピザ」を作ることが多いんですが、今日は底に餃子の皮を敷いて焼いてみました。でも、餃子の皮って薄いから、普通のピザ生地のようにはいきませんね^^;具から出た水分と、オーブンの熱でフニャフニャになっちゃいました^^;

どうせ作るならたくさん作ろう!大鍋でコトコト煮込んだ、我が家のおでん

普段は土鍋で作ることが多いおでん。今日は、それよりビッグサイズの大鍋で作りました。具は、大根やジャガイモ、コンニャク、厚揚げ、ひろうすなどなど。追加の具も既に冷蔵庫にスタンバっているようなので、明日も楽しめそうです。

レタス、ベーコン、ちくわをたっぷり卵に絡めた「玉子とじ」と、マーガリン&ハチミツのトースト

玉子とじの具にちくわ。少し変わった組み合わせのような気がしますが、これが意外とアリなんです。そんなに目立ちはしないけれど、存在感はそこそこあるので、「何かもう1品具が欲しいな」というときに重宝します。

中身はじゃがいもだけかと思いきや…な、サプライズコロッケ。

我が家でコロッケといえば、出来合いのお惣菜ものを買ってきて食べるっつーことが多いんですが、今日は久々の自家製コロッケでした。インターバル撮影した画像にはジャガイモしか写ってなかったんで、普通のポテトコロッケかと思いきや…。

テキトー分量でも、そこそこ美味しく作れる『カボチャとドライフルーツのカップケーキ』

使いかけのカボチャと、買い置きしてあったドライフルーツで、カップケーキを作ってみました。カボチャも卵もバターも、テキトーな分量で作りましたが、そこそこの仕上がりになりました。思いついた時にすぐ作れるお手軽さがイイ感じっす。

長芋のほっこり感とスパイシーなカレー風味で、身もココロも温まる『長芋入りカレースープ』

1本買いして使いきれていない長芋を、スープの具にしてみました。スープは、濃縮麺つゆを薄めたものをベースにして、そこにカレールーをちょい足し。スパイシーで温まる一品に仕上げました。しゃっきり&ほっこりの長芋がイイ仕事してます。

定番のサーモンムニエルと、新鮮イカのコリコリ刺身

今日は鮭とイカで海の幸づくし。サーモンは皮も身もしっかりしていて、食べ応え抜群。イカは、新鮮な生イカを何杯かいただいたので、それをさばいてお刺身に。身がコリコリした食感で美味しかったです。

『茄子とオクラとエリンギのそぼろ炒め』と、長芋のステーキ

今日の晩御飯は、ご飯のおかずにピッタリのそぼろ炒めや、香ばしく焼いた長芋のステーキなどでした。そぼろ炒めは、素揚げにしたナスがポイント。長芋のステーキは、生姜めしの素と大葉をトッピングしていただきました。

外はサクッと、中はふっくらな揚げ豆腐。

今日のメインのおかずは、木綿豆腐を水切りして、衣をつけて揚げた「揚げ豆腐」でした。衣の溶き卵に少し水を足すと、仕上がりが軽い感じになるのでいいですよ。味が非常にシンプルなので、他のどんなおかずと合わせても、美味しく食べられます。

見た目はそのまんますき焼きだけど、母的には「これはぜんまいがメインやから、すき焼き風」という認識のぜんまい煮込み

この日の晩御飯は、ぜんまいをすき焼き風の味付けにした煮込み料理。入ってる具や作り方を見ると、完全に「すき焼きでしょ?」という感じなんですが、作った母的にはあくまで「すき焼き風」なんだそうな^^;メインがぜんまいで、お肉はサブらしいっす。

うろ覚えで作っても全然美味い『ジャガイモのラザニア風重ね焼き』と、ポテチ塩昆布サラダ。

スライスしたジャガイモと合挽きミンチで作るウマウマレシピ。ミンチの味付けがナツメグだけでしたが、そんなことを感じさせないくらい、コクとか旨味がちゃんと出ていて美味しかったです。余ったジャガイモで作ったポテチサラダも、塩昆布との相性がバッチリで、こっちもウマウマ〜。

煮物用昆布巻きで味付けした『冬瓜と厚揚げの煮物』と、いつもの焼きビーフン

煮物はたいてい、醤油、みりん、酒など、家にある調味料で味付けすることが多いんですが、今回はおでんとか煮物に入れる「味付きの昆布巻き」があったので、それを使ってみました。この昆布、結構濃い目の味がついてたらしく、他の調味料を入れなくても大丈夫でした。

カレーと、シンプル味のペンネサラダ。

我が家で作るカレーは、バーモントカレーの中辛が多いですね〜。付け合せのサラダは、ペンネと野菜を混ぜ、オリーブオイル・塩で味付けしたシンプルなもの。具の野菜は、アボカド、きゅうり、トマトなど。カレーをかけて食べると、一層美味しいですよ。

粕汁&白ネギ肉豆腐であったか晩御飯

粕汁は、ニンジンや大根、豚肉など、具沢山で食べ応え満点です。酒粕以外の調味料は、味噌、醤油、料理酒などが入ってます。白ネギ入りの肉豆腐は、砂糖や醤油で甘辛く味付けしたメニュー。白ネギの風味がきいてて美味しいですよ。

炭酸水で衣サックリの天ぷら

天ぷら衣を作る時に、水ではなく炭酸水で小麦粉を溶くと、揚げた後の食感が軽くなるらしいっすよ。炭酸水のシュワシュワがそのポイント。うちは無糖の炭酸水を使ってま〜す。

もやしにとろけるチーズが絡んで超美味い!『もやしピザ』

もやしと、とろけるチーズと、ピザソース(ケチャップでも可)があればすぐ作れる、変り種ピザ。ピザとは言いつつ、パスタ的な食感も楽しめるところがGood!かなり美味しかったので、思わずもやしをおかわりしたくなりました^^

焼き豆腐と練り物を追加した『2日目のおでん』&腹持ちのいい『サツマイモ入りサラダ』

おでんは初日に入れた具がエエ感じにこなれてきて、味のある仕上がりに。サラダは、定番の野菜サラダに旬のサツマイモを加えました。サツマイモを入れたことで、食べ応えと腹持ち度がアップしてます。

鍋の翌日はおでん。

昨夜が鍋だったので、今日はおでん。ネタは、大根やコンニャク、ジャガイモなど、定番のものと、あと練り物でした。

オプション食材追加でボリューム&食べ応えが増した、白菜と豚バラの重ね鍋

今夜はいつもの重ね鍋に、椎茸や豆腐、白ネギを追加してみました。白菜と豚バラだけのシンプルなのもいいけど、具が増すと、より一層美味しくなりますね〜。この重ね鍋、寒くなってくるこれからの季節は、登場回数も増しそうです。

我が家の朝食の定番、レタスとウインナーの玉子とじ

この玉子とじ、ササっと出来て、なおかつボリュームも結構あるので、我が家では朝ご飯としてよく出てきます。レタスとウインナーがしっかり絡むようにとじると、食べ応えバツグンになって良いですよ。ご飯にもパンにも合うのでオススメです。

皆そろって焼き焼き〜♪楽しくて美味しい鉄板焼きの巻。

甥っ子が遊びに来て2日目。昨日の手巻きに引き続き、今夜の夕食も豪華でにぎやか。ホットプレートを使った鉄板焼きです。牛肉久しぶりにガッツリ食べたな〜。たまのご馳走だと、お肉もイイのが食べれたりするんで嬉しいっす^^

美味そうに見える寿司ネタの盛り付け方:手巻き寿司編

この日は手巻き寿司だったので、作り方というよりは、ネタの盛り付けの方に焦点を当ててみました。お寿司のネタとかお刺身、お造りなどは、見た目が結構重要ですからね。ポイントは、大葉やツマの使い方かな。寿司ネタ以外の添え物を効果的に使うと、見映えがするような気がします。

豆腐入り特大ハンバーグと、はんぺん入りサラダ

ハンバーグは、水切りした豆腐を入れてソフトな食感に。付け合せは、蒸し焼きにしたぶなしめじと、大盛りのカイワレ大根。サラダは炙ったはんぺん入り。はんぺんのほのかな塩気が、野菜と相性良くて美味しかったです。

『レンジでチンするから揚げ粉』で作ったから揚げが、普通のから揚げと変わらないくらいジューシーで美味しかった件。

今宵の晩御飯のメイン料理はから揚げ。いつもは、普通に揚げて作るんですが、今回は少し作り方を変えて、レンジでやってみることにしました。使うのはレンジ用のから揚げ粉。作る前は、ホントに出来るのか半信半疑でしたが、完成品を食べてみたらかなり美味い。レンジでチンするから揚げ粉、なかなかオススメです。

トマトの旨味がポイントの『ナポリタン風パスタ』&和食の定番『ブリ大根』

いつもはケチャップだけで味付けしているナポリタン風パスタ。今回はトマトを入れて、旨味が大幅UP。ブリ大根は、煮る前にブリを熱湯処理し、臭みや汚れを取っておくと、美味しく仕上がります。

とろみ無しだけど、いつも通り美味しい八宝菜

いつもの八宝菜は、火を通した白菜から結構水分が出て、つゆだく気味になるんですが、今日の八宝菜はかなり汁気少なめ。多めに入れた椎茸の軸が水分を吸ってしまった…のかな?まあ、汁が無くても、味はいつもと変わらず美味しかったです。

味だけでなく見た目もイケてる?『豆腐ステーキ』と、牛肉の旨味がポイントの『根菜類の炒め煮』

豆腐ステーキは薬味を彩り良く添えた、工夫の一品。紅生姜、生姜飯の素、刻み大葉、3種類の薬味を使ってるので、見た目も華やかです。根菜類の炒め煮は、ゴボウ、レンコン、にんじんなどの野菜と一緒に入れた牛肉がポイント。

3日目のおでんは、サバ缶入りの煮物に変身。あと、キュウリの酢の物、野菜と焼き鳥の彩り炒めなど。

おでんは3日目。具は前日の夜にほぼ食べてしまったので、残りのダシにサバ缶をプラスして、煮物を作りました。キュウリとワカメとちりめんじゃこを入れた酢の物は、たっぷり入れたちりめんの塩気がポイント。炒め物は、カシューナッツがエエ仕事してます。

焼き豆腐や練り物を追加した2日目のおでん&春雨の甘酢和え&焼き餃子

2日目のおでんには、焼きちくわや、焼き豆腐、うずら団子などを追加。初日に入れた大根やジャガイモは、ダシがしみ込んでイイ色になってました。甘酢和えの具は、春雨とキュウリとカニかま。焼き餃子は、作りおきの冷凍餃子でした。

前日の重ね鍋のダシを、おでんに活用。

この日の晩御飯は、おでんや生野菜サラダなどをいただきました。おでんの具は、大根や、メークイン、こんにゃく、練り物各種。味付けは、前日の夕食でいただいた重ね鍋のダシが残ってたので、それを使いました。

麺つゆ、豚バラ、白菜だけですぐできる、旨味たっぷりの重ね鍋と、揚げ長芋&大葉の生姜風味サラダ

重ね鍋で用意する材料は、白菜・豚バラ・麺つゆ、この3つだけ!本当に簡単で、すぐできる美味しい鍋なので、一度はお試しあれ。もう一品は、サラダ仕立ての長芋。揚げた長芋に、大葉や生姜風の薬味を乗せていただきました。

鶏ささみの大葉巻きや、みょうが、イカなど、ネタ盛りだくさんの天ぷら

この日の天ぷらの揚げネタは、野菜類がナスや玉ねぎ、みょうが、さつまいもなど、魚介・お肉系が鶏ささみの大葉巻き、イカ、エビなどでした。

玉ねぎ&牛肉たっぷりのハッシュドビーフ

具は、玉ねぎと牛肉だけとシンプルですが、その分、量はたっぷり。味付けは、ハッシュドビーフ用の固形ルーを使用。隠し味にケチャップ入ってます。

『おかずの鉄板!豚の生姜焼き』&『厚揚げ入りの八宝菜風炒め』

八宝菜風の炒め物は、賞味期限間近の厚揚げを使い切ろう!ということで作ったメニュー。中華的なメニューに厚揚げを入れると、なんとなく和風テイストになりますね。八宝菜というよりも、炒め煮に近い感じかな?

『マグロやシメサバなど、ネタ盛りだくさんの手巻き寿司』&『カイワレをたっぷり乗せた豚の冷しゃぶサラダ』

手巻き寿司のネタは、ハマチやマグロ、イカ、甘エビなど。寿司酢は、酢大さじ6、砂糖大さじ5、塩小さじ1杯半の割合で。4合分のご飯に混ぜ合わせます。冷しゃぶサラダは、カイワレ大根をたっぷり乗せていただきました。

久々のステーキ&ゴマをたっぷり和えた小松菜のおひたし

この日は、メインが牛肉のステーキ、あと、小松菜のおひたしと野菜サラダという組み合わせでした。ガッツリ系のお肉おかずはやっぱテンション上がりますな〜。お肉が美味しかったので、野菜サラダももりもり食べちゃいました。

ひじき豆&茄子と挽き肉の甘辛炒め

ひじき豆の材料は、乾燥ひじきや、水煮大豆、にんじん、竹の子など。大豆や竹の子は、既に火が通っているものを使うので、作る手間はそんなにかからないと思います。甘辛炒めは、ナスをあらかじめ素揚げしておくのがポイント。挽き肉と一緒に食べると超ウマ〜。

秋鮭のムニエルと、前日の残り物をリメイクしたポテトコロッケ

この日のメインおかずは、脂が乗った秋鮭のムニエルでした。鮭は、前もって塩コショウして下味をつけておくと、より一層美味しくいただけますよ。コロッケは、前日残ったジャガイモにミンチ&玉ねぎを加えたリメイクメニューです。

イカゲソお好み焼きと、練り天&塩昆布乗せサラダ

お好み焼きは、中に混ぜ込んだゲソの歯応えがGood!少し柔らかめの生地も、ソースがよく絡んで美味しい。サラダは、練り天と塩昆布をトッピングした和風テイスト。練り天と生野菜って意外と合います。

砂糖&醤油にお酒がベースの、甘めなすき焼き

野菜の具は、定番の白菜を筆頭に、白ネギや糸こんにゃくなど。お肉は牛ロース。あと、豆腐とかかまぼこも入れます。味付けは、砂糖、お酒、醤油がベースの甘めな感じ。クタクタになるまで煮た白ねぎがウマ〜い。

たっぷりキャベツと麺つゆの味付けで作った焼き餃子

今回の餃子の具は、野菜が生キャベツのみじん切りや刻んだニラなど、ミンチが合挽きと豚のミックスでした。キャベツが生で水分が多かったせいか、具の味がちと薄くなっちゃいましたけど、これはこれでまあアリかな^^;

筑前煮と、しょうが飯サラダ

筑前煮は、生の野菜を下ゆでしたものと、水煮の野菜、2種類を混ぜて作ります。ごぼうやニンジン、蓮根、鶏モモ肉など、めっちゃ具だくさんで超ウマ〜。しょうが飯サラダも、市販の素と野菜が相性良くて、美味しかったっす。

カレイの煮付け&豚でなく、鶏で作った酢豚

この日の夕食は、和食と中華の組み合わせ。和食はカレイの煮つけ、中華は酢豚。煮付けの味付けは、市販の麺つゆをベースにお酒、砂糖などを加えました。酢豚(っつーか酢鶏?^^;)は、赤と黄色、二食のパプリカで彩り良く。から揚げにした鶏を入れてるので、結構手間かかってます。

『豆腐と挽き肉の甘辛炒め』&『高野豆腐と冬瓜の煮物』

豆腐や挽き肉、ししとうなどを入れた甘辛炒めは、濃い目の味付けで、ご飯のおかずにピッタリのメニュー。 煮物は、戻し不要の高野豆腐や冬瓜、エリンギなど、火が通りやすい食材で作っているので、煮込み時間が短くてもOK。煮物の味をシメている紅生姜天が、イイ仕事してます。

明太子とナポリタン風のパスタ&長芋のおかか大葉和え

明太子パスタは市販のソースで味付けて、上に大葉をトッピング。ナポリタン風パスタは、具をケチャップで味つけした懐かしい感じの一品。長芋は、かつお節と大葉を和えて、さっぱりとした味わいに仕上げました。

野菜&お肉のフライと、シーチキンサラダ

この日の晩御飯は、揚げ物&サラダ。揚げ物って、つい最近食べたような気が…と思い、ブログの過去記事を探してみたら、ちょうど一週間ほど前にも食べてますね。ま、好きだからいいんだけどね、揚げ物。揚げる具は、アスパラやししとう、ブロッコリーなどなど。

ジャガイモやエノキ、はんぺんを入れて作った、ふんわり食感の鶏つくね

鶏ミンチをベースに、ジャガイモやエノキ、はんぺんなどを入れた具だくさんなつくねです。じゃがいも、えのき、はんぺん、いずれも淡白な味の食材なので、つくねも優しい味に仕上がりました。食感も柔らかで食べやすいですよ。

フライパン目一杯に焼いたデカ盛りハンバーグと、付け合せ野菜&サラダ

ハンバーグは作ったタネを全部フライパンにいれて、一度で焼き上げます。付け合せの茄子はフライパンでバターソテーに、椎茸はグリルで直焼きにしました。カットサラダとベビーリーフとトマトを盛ったサラダは、トッピングの塩昆布がポイントですよ〜。

焼き茄子&ピカタ風焼き豆腐&ごろごろジャガイモのポテトサラダ

焼きナスは今の時期ならではの味覚ですね〜。じっくり火を通してから、おろし生姜と醤油でいただきました。ピカタ風焼き豆腐は、豆腐の水切りが、ポテトサラダは大きめに切ったジャガイモがポイントです。

豚の生姜焼きと、春雨・ハム・きゅうりの甘酢和え

豚の生姜焼きも、家庭料理でよく作る王道メニューですな。こういうコッテリ系のおかずには、甘酢和えのようなさっぱりとしたメニューがよく合うんですよね〜。春雨を使った甘酢和えは、三杯酢+胡麻油少々という味付けになっております。

ほうれん草のおひたしと、長芋のステーキ(ししとう&チキン&クルミ添え)

ホウレンソウのおひたしは、麺つゆ&砂糖の味付けで甘めの仕上げに。長芋のステーキは、表面につけた香ばしい焼き目がポイント。付け合せの具は、ししとうやチキン、クルミなど。炒めた後、水溶き片栗粉でとろみを付け、長芋の上にかけていただきました。

レンコン、みょうが、茄子などの天ぷら

この日の食卓には、我が家の鉄板メニューの一つである天ぷらが登場。うちの家族は揚げ物好きなので、天ぷらをする時は大皿2つ分くらい作ります。この日は蓮根やミョウガ、茄子などを天ぷらにしていただきました。

八宝菜&野菜炒め入りお好み焼き

八宝菜の具は、白菜をメインにこんにゃく、人参、シーフードミックスなど。味付けは、麺つゆ&料理酒で和風な感じに。お好み焼きの方は、残り物の野菜炒めを入れて、手軽にボリュームアップ。生地のつなぎとして、長芋を入れています。

ピザ&焼きビーフン&セロリの甘酢和え

ピザは、市販の生地にチキンやトマト、ピーマンなどをトッピング。焼きビーフンは、玉ねぎやキノコを加えて具たくさんに。甘酢和えは、酢と砂糖を同量の割合で、さっぱりした味わいに仕上げました。

「鶏と野菜の照り焼き風」&「冬瓜とひろうすの煮物」

メインは、鶏胸肉を使った照り焼き風おかず。味付けは、醤油とはちみつで。もう一品は煮物。冬瓜とひろうすを使った優しい味のおかずです。合挽きミンチのコクと、生姜の風味がポイント。

ピザ風春巻きの作り方

母がたまに作ってくれる「焼き春巻き」をピザ風にアレンジしてみました。中に入れた具は、玉ねぎ、トマト、セロリなど。それを春巻きの皮で包み込み、上にハムやピーマン、チーズなどを乗せました。

クレープシュゼットの作り方

お料理教室で習ってきたクレープシュゼットを、ありあわせの材料で再現してみました。クレープの生地は、ホットケーキミックスを使ったんでそれなりの出来になったけど、ソースが微妙。ちゃんとオレンジとバター使えばよかった…^^;

豚肉&パイン&カシューナッツのハワイアン炒め

持て余し気味なパイナップルの缶詰で、晩御飯のおかずを作ってみました。その他の材料は、豚肉、カシューナッツ、焼肉のタレなどなど。イメージしたのは、酢豚に入っているパイナップル。あれがアリだという方は、このメニューもおそらくアリなんじゃないかな〜。

カボチャとベーコンのピザ風オーブン焼き

カボチャをメインにしたピザ風のオーブン焼きを作ってみました。カボチャを半個分使っているので、結構ボリュームあります。ベーコンとチーズ多めにしたら、お酒のおつまみにもいけそう。ほっこりカボチャとスパイシーベーコンの組み合わせがウマー。

ミートローフの作り方

料理教室で教えてもらったミートローフが美味しかったんで、覚えているうちにもう一回作っとくことにしました。でも、味が微妙に違うんですよね〜。入れるもんが何か足りなかったんかなぁ。

手作りキット「タイカレー グリーン」

無印の手作りキットでグリーンカレーを作ってみました。カレーの調理に必要なスパイスや調味料は、キットの中に全て揃っており、あとはお肉と野菜を用意すれば準備完了。私は、豚モモ肉やオクラ、プチトマト、しめじなどを入れて作りました。本格的なタイカレーを手軽に作ってみたいという方は、是非お試しあれ〜。

そら豆入りのガーリックマスタード炒め

大袋に入った淡路島産のそら豆と、夕飯の残りで炒め物を作りました。あっさり味の冷しゃぶサラダを、ニンニクとマスタードでガッツリ系に変身させようと思って作ったんだけど、マスタードの量が足らず、ちと薄味になっちゃいました。まあでも、テキトーな味付けのわりには、そこそこ美味しかったんで良しとします^^;

バターケーキ強力粉バージョンの作り方

材料の薄力粉がきれてて無かったんで、強力粉を使って作ってみました。強力粉だと食感が硬くなるかなと思ったけど、作ってみたら意外と大丈夫でした。今回のバターケーキは、緑茶粉末を入れた和風仕様。ちょっぴりビターなオトナ味っす。

黒ゴマきなこ入りバターケーキの作り方

ここ最近食べているきなこが黒ゴマ入りで、その風味がとても香ばしいので、それをケーキに入れてみました。「これ入れたら、黒ゴマ風味全開のめっちゃウマーなバターケーキ出来るんちゃうん」と思って作ってみたんですが、期待通りの仕上がりにはなりませんでしたねぇ。入れたきなこの量が少なかったんかなぁ。

塩だれ炒め味の春巻き

塩だれ風味の野菜炒めを春巻きの具にしてみました。使った材料は、ブロッコリーの茎やレンコン、生姜、ニラ、白菜など。レンコンの歯応えが適度に残ってて美味しかったです。余った春巻きの具は、パイ生地や溶き卵と組み合わせてキッシュにしました。

しめじ・菜の花・クルミの長芋焼き

長芋だけの生地でお好み焼きを作ってみました。具は、しめじと菜の花とクルミです。で、肝心の味ですが…、「薄くてまとまりが無い」という残念な結果になってしまいました。お好み焼きにするんだったら、やっぱ卵とか小麦粉入れないとダメっすな。

アップルパイ(ノーマル&ポテト入り)の作り方

手作りパイ料理の第二弾はアップルパイです。アップルパイって、一回作ってみたかったんですよね〜。今回は、普通のものとアレンジしたもの、2種類のアップルパイを作りました。アレンジ版のアップルパイには、さつまいもが入ってます。

フライドチキンとほうれん草のパイ

冷凍物のパイシートを使った料理に初挑戦してみました。具はチキンとほうれん草です。作るのが大変そうなパイも、市販の生地を使えばラクにできるからいいっすね。パイ作り初心者の私でも、簡単に作ることができました。

フライパンカステラの作り方

新聞に載ってたレシピ通りに作ってみたんですが、仕上がりがちょっと…。カステラというよりも、薄いホットケーキみたいになっちゃいました^^;

レンコンと大根のイタリアン風炒め

岡山産のレンコンと、奈良産の大根を、イタリアン風の炒め物にしてみました。味付けは、バジルとぺペロンチーノの2種類。市販のパスタ用ソースを絡めるだけなので簡単です。一口大に切ったレンコンと大根は、食べ応えがあって美味しいっす。

普段揚げないような食材をフリッターにしてみました。

揚げ物にする食材といえば、サツマイモや舞茸、アスパラなどが定番ですが、そればっかりだとちょっと飽きてしまう…。そんな時は、ちょっと違ったものを揚げてみましょう。普段使わないような食材を揚げると楽しいですよ〜。最近、揚げ物のメニューがマンネリ気味になってきたなぁ…と感じてい方は是非お試しあれ。

イカと玉ねぎのマリネ

天ぷら用に買ったイカが余ったので、それをマリネにしてみました。使った材料は、イカ4杯分の「みみ」(エンペラ)と、玉ねぎ、トマトなど。漬け込み用のマリネ液は、酢、砂糖、塩などを調合して作りました。香味付けに入れたバジルがイイ味出してます。次に作る時は、イカの皮むきを手際良くできるようにせんといかんなぁ^^;

米粉で「あんぼ」を作ってみた。

あんぼは、米粉と熱湯で作るシンプルなおやつです。米粉は、市販のものがなかったので、普通の米を砕いたもので代用しました。材料がシンプルなメニューは、いろんな食べ方ができるから良いですね。私は、みたらし風のトロっとした餡に、きなこを添えていただきました。

十津川のおみやげ

畑で収穫した野菜や、山で採れたキノコなど、十津川ならではのものを食べると、ばあちゃん家のことが思い出されて、懐かしい気持ちになります。今回は、松茸や鮎といった豪華な食材が多いので、食べるのが楽しみです。家に居ながらにして十津川の雰囲気が味わえるなんて、幸せやなぁ〜。

懐かしのサクマ式ドロップス

イチゴやブドウ、オレンジなど、色とりどりのキャンディーが入っているサクマ式ドロップス。あの中に入っているハッカ味って覚えてます?私が子供の頃は、ハッカとかミントみたいな「爽やか成分」が入っているお菓子って、「オトナの食べ物」という印象が強かったけど、今の子供はあーいうのをガンガン食べるらしいですよ。 現代っ子は、わりと渋い味が好みなんですねぇ。

母の日は、手作り料理でお母さんをもてなそう!

思い立った時にすぐ作れるようなメニューを3種類ご用意しました。手に入りやすい食材で作れるので経済的です。母の日当日に作り始めても間に合います。料理し慣れていない方は、母の日当日までに試作品を作って練習すると良いでしょう。

通販で冷凍のお惣菜を買ってみました。

家族が家を留守にしている間の食事を、通販で取り寄せてみました。炊事的な作業は嫌いじゃないので、自炊で乗り切っても良かったんですが、せっかくの機会だし、ブログのネタにもなるだろうということで、注文してみました。これから一人暮らしをしようと思っている方や、既に一人暮らしをしている方などの参考になれば幸いです。

さつまいも入りコールスローの作り方

さつまいもをミックスしたコールスローが思いのほか美味しく、ちょっと感動したので、作り方を記事にしてみました。さつまいも好き、コールスロー好きの方にオススメです。混ぜ込む野菜や、作り方を変えれば、いろんなバリエーションのコールスローが作れますよ〜。

美味しいと思う「ごはんの友」ベスト10

私が好きなごはんのお供は、卵焼きと味付け海苔ですね〜。白いご飯の上に卵焼きを乗せ、それを海苔で巻くというふうにして食べてます。甘辛くてパリっとした味付け海苔と、ふわっとした食感の卵焼きさえあれば、ごはん何杯でもいけそうな気がします。

ナスの様々な品種と、ナス科の野菜

ナスの主な品種には、千両ナスや長ナス、米ナスなどがあります。なすを使ったメニューといえば、麻婆茄子や茄子の浅漬け、茄子の田楽あたりが一般的ですね。後半は、ナスと同じ科の野菜について書いてます。

キノコに関するまとめ

椎茸や、えのき、エリンギなど、身近なキノコ類についてまとめてみました。椎茸とエリンギはヒラタケ科、えのきはキシメジ科のキノコです。椎茸やぶなしめじは炒め物に、えのきは鍋物に、舞茸とかエリンギは天ぷらにすると美味しいですね。

トマトの品種や特徴について

夏を代表する野菜の一つ。サラダ用の野菜として、生で食されることが多いようです。普通のトマトから加工用のものまでを簡単に紹介します。

レタスの種類と、それぞれの違いについて

サラダ用の野菜として人気があるレタスには、様々な種類があります。よく知られているのは、レタスやサニーレタス、サンチュなどですね。グリーンリーフやロメインレタス、サラダナといったものもレタスの仲間だそうです。

全粒粉が入った強力粉クッキーの作り方。

一風変わった材料でクッキーを作ってみました。一つは、パンやピザに使う「全粒粉入り強力粉」で作ったクッキー。もう一つは、和菓子作りによく使う「餅粉」で作ったクッキーです。普通のクッキーでは飽き足らないという、マニアな方にオススメのクッキーかも^^;

ホームベーカリーを利用したベーグルの作り方。

ホームベーカリーの「こね・発酵機能」を使ってベーグルを作ってみました。生地の「こね」から「一次発酵」までをホームベーカリーがやってくれるので楽チンです。フレーバー入りのベーグルを2種類作ることにしたんですが、これが結構大変なことに…。

うちのホームベーカリーを紹介します。

我が家では、朝食用の食パンをホームベーカリーで作ってます。コーヒーやシナモン、レーズンなど、フレーバー入りのパンが手軽に焼けるので重宝してます。ホームベーカリーで作った食パンと、市販の食パンで大きく違うのは「耳」ですね。ホームベーカリーで焼いたパン耳の方が、サクサクしてるように感じます。めちゃウマです。

カレーうどんで温まろう。

冷凍うどんと市販のカレー粉を使って、カレーうどんを作りました。「おそば屋さんのカレーうどん」みたいな感じで、かなり美味しかったです。カレーうどんの後は、残ったダシでカレー雑炊をいただきました。手間らしい手間は全然かかっていませんが、やけに印象に残ったカレーメニューだったので、思わず記事にしてしまいました。

さんまの開きを使って作った秋刀魚寿司。

さんま寿司の作り方をレシピにしてみました。秋刀魚寿司は、熊野灘で獲れるサンマを使った郷土料理の一種です。さんま寿司の本場である和歌山周辺では、サンマ寿司に使う専用の秋刀魚が売っているほどです。我が家では、年末に秋刀魚寿司を仕込み、それを翌年のお正月に食べるのが恒例となっています。

ロールケーキ好きが作るロールケーキはどんな味?

生チョコ作りに使った生クリームが結構余ったので、ロールケーキを作ることにしました。どんなロールケーキを作ったかって?それは読んでのお楽しみ。我が家はロールケーキが好きで、結構買うんですよね〜。菓子パン的なロールケーキから、ケーキ屋さんのロールケーキまで、結構いろいろと買ってます。

餃子を作ろう。

ニュースで毎日のように餃子、餃子と言ってるもんだから、とうとう我が家でも餃子を作っちゃいました。皆さんも騙されたと思って、一回作ってみて。手作りの餃子って本当に美味しいから。一番オススメなのは、やっぱり焼き餃子かな。機会があればまた作りたいなぁ。

生チョコを作ってみました。

バレンタインなので、生チョコを作ってみました。作るといっても、チョコレートと生クリームを混ぜるだけ。誰でも簡単に出来ますよ〜。チョコやスイーツが好きな方は一度お試しあれ。