サイノメ:2013年05月

手近な野菜とケチャップでササっと作れて、しかも美味しい『ナポリタン風パスタ』

野菜は、新玉ねぎとシメジとピーマン。お肉は、豚バラのスライス。炒めてケチャップで味付けし、ゆでたパスタを絡めれば出来上がり。お手軽カンタンに作れて、しかも美味しい「おふくろの味」です。

イクラの弾ける食感と、イカのほどよい歯応えがGood!『イカとイクラのパスタ』

パスタ以外の食材は、生か、既に加熱済のものばかりなので、作るのも簡単、かつスピーディー。旨みたっぷりのイカ&イクラに、大葉&カイワレの香味がきいててウマ〜。フレッシュな食味で、ツルツルっと食べられます。

脂身少なく、ヘルシーな肉巻き。『ゴボウとニンジンの鶏胸肉巻き』

肉巻きというと、牛肉の薄切りなんかを使うことが多いんですが、今回は鶏の胸肉で。塊の胸肉を薄く切り広げ、そこに下ゆでしたゴボウとニンジンを巻いてあります。巻いた後、タコ糸で縛っておくと、型崩れせずに焼けるのでいいですよ。

カボチャって、実は夏野菜なんです。『高野豆腐とカボチャの煮物』

高野豆腐は、大判のものを水で戻してから一口大にカット。カボチャはブロックで、味付けは薄めた麺つゆがベースです。煮込み時間も10分程度と短めなので、作りやすいですよ。カボチャのしっとりとした食感をお楽しみあれ。

いつもの茄子炒めに季節感を盛り込んでみました。夏を予感させる『茄子とパプリカとししとうのそぼろ炒め』

我が家定番の、素揚げにした茄子と、合挽きミンチをベースにした炒め物。今回は具にパプリカとししとうを入れ、夏っぽさを出してみました。パプリカもししとうも、油馴染みがよいので、炒め物に最適ですよ。

切り干し大根の旨みと、それに絡むコンニャクのプリッとした食感がGood!『ゆがき大根とコンニャクの煮物』

この日のおかずは、切り干し大根やニンジン、こんにゃくなどを使った煮物。煮込んで柔らかくなった大根と、プリッとした歯応えのコンニャク。2つの具の絡みが絶妙でウマ〜。味付けもあっさり和風なので、食べやすいっす。

塩コショウをビシッときかせるのがポイント『サーモンのムニエル』

この日のメインディッシュはサーモンのムニエル。ポイントは、下味の塩コショウをきかせることと、小麦粉をしっかりまぶすこと。皮を香ばしく焼き上げると、さらに美味しくいただけますよ〜。

ボイル&スライス済みのイカを使ってお手軽に。『イカとツナのサラダ』

今日のサラダは、定番のツナにイカを合わせてみました。イカは、サラダとかマリネに入れるボイル済みっつーのが売ってるので、それを使って簡単に。あとは、パック入りのカット野菜や、缶詰のツナをほぐして盛りつければ出来上がりっす。

ちょこっと加えたレーズンが味のポイント『大根とカニかまの甘酢和え』

塩もみした千切り大根と、ほぐしたカニかまを甘酢で和えた一品。今回は、ちょこっとだけ余っていたレーズンを加えてみたんですが、これが当たり。レーズンの濃縮された甘みが、甘酢と相性ピッタリで美味しかったです。

ひたした小松菜に、香ばしいすりゴマがよく絡んで美味。『小松菜のおひたし』

菜っ葉系野菜の定番メニューといえばこれ。「おひたし」でしょう。作り方と味付けがシンプルで、どんなおかずにもよく合うので、年間通じてよく食べます。ポイントは、仕上げにすりゴマをたっぷりかけること。香ばしさがUPして、より美味しくなります。

<<2013年04月

2013年06月>>